プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ヒンデンブルグ

The Hindenburg004

The Hindenburg
1975年
アメリカ

ロバート・ワイズ監督・製作
ネルソン・ギディング脚本
マイケル・M・ムーニー”The Hindenburg”原作
ロバート・サーティース撮影
デヴィッド・シャイア音楽
エドワード・C・カーファグノ美術

ジョージ・C・スコット 、、、フランツ・リッター大佐(ドイツ空軍)
アン・バンクロフト 、、、ウルスラ・フォン・リュージェン(伯爵夫人)
ウィリアム・アザートン 、、、カール・ベルト(一等系士、反ナチスレジスタンス)
ロイ・シネス 、、、マルティン・フォーゲル(船専属のカメラマン、ゲシュタポ)
チャールズ・ダーニング 、、、マックス・プルス(ヒンデンブルク号船長)
リチャード・ダイサート 、、、エルンスト・レーマン(ツェッペリン指揮官、ドイツ飛行船最高士官)
ギグ・ヤング 、、、エドワード・ダグラス(アメリカ大手広告代理店の重役)
ピーター・ドナット 、、、リード・チャニング(ブロードウェイの作曲家)
ジョアンナ・ムーア 、、、ベス・チャニング(リードの妻)
バージェス・メレディス 、、、エミリオ・パジェッタ(アールの友人)
ロバート・クラリー 、、、ジョセフ・スパ(曲芸師)
ルネ・オーベルジョノワ 、、、アール・ナピア(イギリス陸軍少佐)


BSで観た。
The Hindenburg003

ヒンデンブルグ号はわたしは思い入れがあり、自分の作品に何度も登場させている。
雲海に浮かぶヒンデンブルグは、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵画世界を想い起す悲壮な美しさに煌めいている。
ときに雲を裂いた光を浴びオレンジに輝くヒンデンブルグは、黙示録的な神々しさに染め上げられる。
そしてStエルモア現象も痺れる。ペンがずっとテーブルの上で立っているほど静かで快適な船内で、乗客は贅沢極まりない絶景を堪能する事が出来た。
巨大な姿は威圧感すら与えるが、飛行機にはかなわぬとは言え特急列車並みの速度も誇った。
フランクフルトからレイクハーストまで10往復、無事故で飛んでおり、飛行船の黄金期を築いた船である。

ヒンデンブルグものは、以前ドイツ映画「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」で観ていた。
これとはかなり異なるものである。やはり事故原因も解明されていない多くの謎に包まれた物語である分、フィクション~推理がかなり入って来る余地がある。制作側の思想が大きく反映されるところだ。

The Hindenburg005

1937年5月6日、米ニュージャージー州レイクハースト上空で、ナチスドイツの誇る巨大飛行船ヒンデンブルグ号が大爆発を起こした。
その原因は今日に至るまでまだ特定されていない(その事件を語る人間の立場によって原因は異なる)。
この映画では、人為爆破説がとられている。
乗船時のゲシュタポの厳しい身体検査は度を越しているように思えたが、ドイツの国力を誇示するプロパガンダの役目も担っていた巨大飛行船である。何より水素で浮かんでいるのだ。その危機管理に神経過敏になることは分かる。
アメリカのヘリウム独占の問題は大きい(水素より10倍も高値が設定されていた)。
霊媒師の女性が今度の飛行でヒンデンブルグが時限爆弾により爆発すると予言していたこともあり(これは本当なのか?)、ゲシュタポは警戒態勢を組みフランツ・リッター大佐とレーマン船長を搭乗させることにした。
大佐の見るところ、乗客は背景からして皆怪しい人物ばかりであり、彼ら自身も監視されていることを察知しており、船内に疑心暗鬼が深まってゆく。
それぞれの人間模様もグランドホテル形式で描かれる。
折角の美しい空の旅であるが(亡命目的であったりもするが)、子供以外には緊張感と閉塞感が充満してゆく。

早い段階で、リッター大佐はフォーゲルがゲシュタポでベルトが反体制の工作員であることを見抜く。
恋人のフリーダがゲシュタポに逮捕されたことを大佐から伝えられると、ベルト自ら時限爆弾をセットしたことを彼に激白する。
だが、人命を犠牲にするつもりはなく、乗員・乗客が降りた後にナチスのシンボルとしてのこの船を爆破する計画であることを明かす。その企てにリッター大佐も乗る。彼もナチスの政策にはついてゆけなくなっていたからだ。そして爆破時間を聞かれヒンデンブルグから人がいなくなる7時半を告げる。

The Hindenburg001


しかし、レイクハーストの天候状態は悪く、風雨の強さから着陸を控え上空に待機することを強いられた。
当然、爆破時間を遅らせなければならない。
だが肝心のベルトは、自分のナイフの柄に爆弾を仕込んでセットしたため他の乗員のナイフを盗んでいたことで疑いをかけられ、フォーゲルに拷問を受け最早動ける状態ではなかった。
代わりに装着された場所を聞き出した大佐が爆破時間を調整しようと爆弾に手をかけた瞬間、無情にも爆発が起きる。
轟音と共に一瞬にして船室全体が火に包まれ、乗員、乗客はパニックに落とされる。
船長やレーマン最高士官は最後まで船内に留まり乗客を逃がそうとするが、、、
水素に引火する凄まじい火災は、数十秒で夜の虚空に浮かぶ全長245mのヒンデンブルグをアルミニウムの残骸と化す。
船体の巨大さが際立つとともに、それを一瞬にして覆い尽くす燃焼の激しさに愕然とする。

The Hindenburg002


撮影セット、全景の模型との間に質感、色調も含め連続性が維持されていて全く不自然さがなかった。
これは最後まで見事で緊張感を絶たなかった。
ヒンデンブルグ号爆発事故の場面は生々しい白黒映像に切り替わり、当時の実際のフィルムが新たに撮影・作成されたフィルムのなかに溶け込むように編集されて使われている。
これには息を呑む。

壮絶な最期である。
乗員、乗客97人中35人と地上の作業員1名が死亡した。
リッター大佐とベルトも、レーマンも死亡している。
ヒンデンブルグのドイツのプロパガンダとしての役目は、全世界にこれが報道されることで潰える。
(結局、カール・ベルトたちの目的は果たせたと言ってよいものか。これより急速に飛行機の時代に突入する)。

あの実況アナウンサーであるハーブ・モリスンのアナウンスが最後に流される。
これ程短い間に、感情の激しい動揺によって事故の様相を雄弁に語ったものはあるまい。


再度、安全を確保したうえで、優雅な飛行船の旅など実現は無理だろうか。
速度ではなく、地上からでは見ようにも見れない絶景に触れつつ、宙に浮かぶ醍醐味を愉しむという、、、。


”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界