プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

荒野の1ドル銀貨



Un dollaro bucato/One Silver Dollar

イタリア/フランス
1965年

ジョルジオ・フェローニ監督・脚本

ジュリアーノ・ジェンマ、、、ゲイリー・オハラ
イヴリン・スチュワート、、、ジュディ・オハラ
ピーター・クロス、、、マッコリー(悪の銀行家)
ジョン・マクダグラス、、、ドナルドソン (マッコリ―に対立する農場主)
フランク・ファレル、、、アンダーソン保安官


イタリア/フランス作のマカロニウエスタンである。
昨日の映画(荒野の用心棒)のようにヨーロッパの多国籍俳優が出演している時は、「ユーロウエスタン」とも呼ぶらしい。
ドイツは確かに西部劇が盛んであったと聞く。イタリアだけではない。フランスでもフィルムノワール風ウエスタンが出来ていたという。ちょっと見てみたい感じもする。
「子連れ狼」や「木枯し紋次郎」もマカロニウエスタンの影響から生まれ出たらしい。成る程、という気はする、、、。
「用心棒」が「荒野の用心棒」を生んだように、西部劇と日本時代劇はかなり相互変換が効きそうだ。

One Silver Dollar003

この映画も終始、目は離せない。
緊張感が途切れて中弛みするようなことはない。
あれっと想うところは多いが、不思議な雰囲気と魅力(意外さ)で最後までもってゆく。
アメリカものに比べ主人公は、アウトロー的なペルソナが多いというが、この主人公はかなり高潔な部類である。
南北戦争で敗れ、西部で身を立て直そうという前向きな男だ。
しかし非情さを売り物?にするというマカロニウエスタンの枠にはしっかり入っていた。
いきなり弟を失う悲劇から始まる。
信用して絡む相手(ドナルドソン 以外)がことごとく悪であり、主人公の奥さんも巻き込まれてゆく。
しかもドナルドソンも裏をかいたつもりが、悪辣な保安官に殺される。
その辺の殺伐さから、ずっとハラハラさせられる始末(笑。


拳銃というものは銃身を短く切られていると、あれ程狙いが定まらないものなのか。
確かに最初の場面で、凄腕ガンマンでもこの銃身では小さな的に当たり難いというのは、よく分かった。
だが、最期のシーンあれだけの至近距離で、人を的にしているのに全然当たらない、というのもどうか。
マッコリーはお尋ね者のかなりの悪のはずであるが、腕はイマイチなのか。
わたしは、また鉄板でも胸に仕込んだか、何かの手品(イリュージョン)かとも思ってしまった(笑。
ゲイリーはランタン持ってニヤッとしているだけだし、不思議なシーンでもあった。

胸に忍ばせた銀貨のお陰で命を拾う、というのはこの作品が初めてだろうか。
このオリジナルアイデアはかなり使われたものだ。
なかなか粋でもある。
コインが違うものになったりはしていたが。
ヒーローものは、運も大切である。
このコインは、弟の柱時計に隠されていたものであり、終盤このコインの転がって行った先の柱時計には、弟が見つけたマッコリーの悪事を暴く書類が隠されてあった。(結局書類も何も関係なく悪漢は民衆に始末されるが。この映画は、それが基本パタンともなっている)。

One Silver Dollar004

ここでは気丈なヒロイン(妻)も活躍するが、主人公と彼女との再会がまた凄いタイミングである。
主人公は、捕まってボコボコにされる(相手の詰めの甘さから決して殺されない)。これはお約束か。
ゲーリーが口に塩まで詰められ縛り付けられているところに丁度囚われて妻もその場にやって来る、、、。
それを知ったゲーリーは、靴の拍車で縄を切る。そこは分かった。腕はどうやって切ったのか、そのシーンがない為、わたしはヨガのポーズとか想いうかべてしまったではないか、、、余計なことか、、、マイケル・ジャクソンの身体能力なら楽勝かも知れぬ。
この辺はよい。
だが、悪党の銀行家のボスが、少し前に逢ったばかりのゲイリー・オハラ の顔を全く覚えていないで、また手下に雇うというのは、ちょっとあんまりではないか、とは思った。
そんな細かい所はあるが、まだほとんど気になるレベルではない。
問題は、この土地の最後の良心とも謂えるドナルドソン まで殺される。
保安官がマッコリー一味であったことが誤算であったにせよ。
まんまと新銀行を建てて対抗するための金塊まで奪われてしまう。
これではゲイリー・オハラ は何の役に立ったというのか、という気もして来る。
(弟の隠したお尋ね者の情報を見つけるのが遅かったと謂えばそこまでだが)。

確かに早撃ちの腕は魅せるが、次々に撃ち殺して暴れまわる程ではない。
そこそこの爽快さであり、まあ何とかマッコリー一味は倒したし、それでよいか、というところだ。
ワイルド・バンチを先に観てしまっていることはやはり大きい)。
だが面白い映画とは謂える。

One Silver Dollar002

特に整合性が無くても面白いものは面白いのだ。




荒野の用心棒

A Fistful of Dollars001

A Fistful of Dollars / Per un pugno di dollari
イタリア/スペイン/西ドイツ
1965年

セルジオ・レオーネ監督・脚本
黒澤明、菊島隆三 原作
エンニオ・モリコーネ音楽


クリント・イーストウッド 、、、名前のないよそ者(ジョー)
ジャン・マリア・ヴォロンテ 、、、ラモン・ロホス(ミゲルの弟の早撃ちガンマン)
アントニオ・プリエート 、、、 ドン・ミゲル・ベニート・ロホス(街を牛耳る無法組織のボス)
ホセ・カルヴォ 、、、シルバニト(バーのマスター、ジョーの協力者)
マリアンネ・コッホ 、、、マリソル(ラモンに拉致された女性)
ヨゼフ・エッガー 、、、ピリペロ(棺桶屋)
ブルーノ・カロテヌート 、、、 アントニオ・バクスター(保安官、ロホスの対立勢力のボス)
マルガリータ・ロサーノ 、、、ドナ・コンスエラ・バクスター(バクスター夫人)


暫く、わたしのほとんど観て来なかった西部劇を中心に観てみたいと思う。
(余計なことを考えず「映画」という娯楽に浸るには良いかと思われる)。
「用心棒」原作の方はまだ観ていない(いや、実は幼い頃観ているのだ。仲代の演技は朧げに覚えている)。
ただ、リメイク(オマージュ?)であろうと、これ自体実に愉しめた。
ハリウッド映画ではない。
マカロニウエスタンとは何か。
何故、イタリアが西部劇を作るのか。
わたしは、その辺からして知らない。
(淀川先生が「マカロニウエスタン」と命名したことは知っている。実にスタイリッシュ)。

その西部劇は、過激でリアルなシーンで構成され、アウトローがヒーローとして登場していたところが斬新であったようだ。
特に銃撃戦における距離感。銃を向けてからの時間。離れて長く撃ち合うのではなく、これらを日本の居合切りみたいに一瞬にして決める。このソリッドなシャープさ。やはり「用心棒」を元にしている分けもわかる。
ワイルドバンチ」(サム・ペキンパー)ほど過激ではないにせよ。
しかし「用心棒」(黒澤)をベースに見事な西部劇に転換していると思われる。
エンニオ・モリコーネの音楽とピッタリ合った哀愁に染まるクリント・イーストウッドがまた良い。
これぞマカロニウエスタンの様式美と謂っている様だ。

いかし、それまでリアリスティックに過激に狡猾に噺を展開して来たジョーが何故か、だらしなく捕まり拷問を受け、最期の決闘の場面では何度も撃たれてひっくり返る。心臓を撃つことに自閉的な拘りを持つ早撃ちラモンであるから仕方ないが、普通なら兄弟が「兄貴、頭だ!」くらい言わぬものか?術中にはまり、もう焦りしかなくなっていては、勝ち目などあろうはずもない。
心理戦における勝利であろう。ポンチョの下に鉄板などと大胆な賭けでもあったが。
本来、拳銃より有利なライフルが見事に負ける。
ここは説得力ある気持ち良いシーンであった。
(条件によっては拳銃の方が有利なのだ。それを証明した)。

ファニング(連射撃ち)がこの映画の肝であろう。
特に最後の4人の悪党を一瞬にして葬り去る圧巻の早業は爽快だ。
ここから「ワイルドバンチ」への流れも分かるような気がする。
(まだ途中が欠けていることは察するが、おいおい見てゆきたい)。

ともかく、この用心棒、一体誰の用心棒であったのか、、、。
結局ひとつの家族を命がけで守ったことになる。
クリント・イーストウッドも元気で旅を続けるというところでエンディング。
もっともカッコよいクリント・イーストウッドも見れた。
めでたしめでたしである。


A Fistful of Dollars002






検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp