プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

太陽は光り輝く

THE SUN SHINES BRIGHT

THE SUN SHINES BRIGHT
1953年
アメリカ

ジョン・フォード監督・製作
ローレンス・スターリングス脚本
アーヴィン・S・コッブ原作

チャールズ・ウィニンガー 、、、ウィリアム・ピットマン・プリースト判事
アーリーン・ウェラン 、、、ルーシー・リー(黒人学校の教師)
ジョン・ラッセル 、、、アシュビー・コーウィン(富豪の跡取りで遊蕩児)
ラッセル・シンプソン 、、、ルート・レイク医師(ルーシー・リーの養父)
ミルバーン・ストーン 、、、ホーレス・K・メイデュー(プリーストの選挙のライバル、弁護士)
ドロシー・ジョーダン 、、、ルーシー・リーの母親(元娼婦)
ジェーン・ダーウェル 、、、オーロラ・ラチット(町の有力者の婦人、オルガン奏者)
フランシス・フォード(監督の兄) 、、、フィーニー(飲んだくれの猟師)
スリム・ピケンズ 、、、スターリング(フィーニーの若き相棒)
ミッチェル・ルイス 、、、アンディ・レドクリフ保安官
ポール・ハースト 、、、ジミー・バグビー軍曹
ステッピン・フェチェット 、、、ジェフ・ポインデクスター召使
エヴァ・マーチ、、、マリー・クランプ(娼館の経営者)
ジェームズ・カークウッド 、、、フェアフィールド将軍(ルーシー・リーの祖父)


「ケンタッキーの我が家」が最初と最後に来るが、最後に聞く時は感動(涙。
美しい。
美しい映画だ。
南北戦争の40年後、ケンタッキーの物語である。

映画というものは、こういうものだという事を実感する。
わたしは絵や音楽にはずっと浸って来たが、映画を観る習慣は持たなかった。
未だに映画については疎いし、観た数も少ない。
ブログを書く名目で映画を観ているところもあるが、まだ映画を観ること自体、キツイ感覚がある。
映画を観ることが習慣になっている人も多いそうだが、まずわたしにそのような境地はやってこないことは確信する。
観ることが苦行以外の何ものでもないことが少なくないのだ。

それでもちょっと気になり観てみたくなる。
じっさいそんなところなのだが、自閉症的にここ最近は観ている。
毎日見ないと気持ち悪いからだ(苦。


このような構築美~文法が映画なのかと思う。
様式美に殊更拘っているとは見えないが、最初の光景からラストまでを精緻に組み上げてゆく流れはまさに映画と感じる。
後半のラベルのボレロの畳みかけるリズムを想わせる静かだが途轍もなく力強いドロシーの葬儀の行進へとそれまでの流れが集まって行くこの光景は、その場に取って付けられたものではなく、最初から始まっていたことが分かる。シーンの連なりとして。

思想とか謂う以前に、人の尊厳を守るその意志が次第に小さな流れを集めて太く確かな流れを形成して、周りで傍観する者を圧倒し声も出させない。その行進自体が思想であり信念でありそれに共鳴した者は、ひとりまたひとりと流れに加わって行く。
このシーンに来るまでは、速い馬を走らせたり、無実の者を引き立てようと押し寄せてくる無知蒙昧な行進もあるが、それらを全て呑み込む誇り高い行進が生まれる。
ここは恐らく映画史における名シーンではないか?
(その後も華やかな、明るい、しっとりした様々な行進~群れて並んで歩く様子がありそれぞれに雄弁であった)。

その行き着いた果て、教会での判事のヨハネの福音書から引用した説教も素直にこころに染み入るものであった。
「これまでに罪を一度も犯したことのない者は、この女に石を投げなさい。」というところだ。
ひとりまたひとりといなくなり、姦通罪を問われた女とイエスだけがその場に残される噺である。
「わたしもあなたを罰しない。」

そしてまた驚いたのは、ラストの自分の一票の差で再選を決めた後、独りで自宅の玄関に入り、その奥のドアを開け、更に奥の廊下を渡り突き当りの部屋に消えるこの去り方。
最後まで映画的文法を駆使して作られたスタイリッシュな作品なのだと気付いた。
ルーシーが肖像画から自分の出自を悟るところやいくつかのカメラワークについても、、、
これまで観てきた映画の多くもそうであったはずだが、この映画はそれ~形式をその美によって気づかせてくれた。

二度演奏されるディキシーランドも陽気な音だが充分に響いた。
”ユー・エス”ウッドフォードのバンジョーによるディキシーは聴き応え(見応え)充分であった。
ハーモニカでの「草競馬」(フォスター)も良かった。
音楽の重要さも充分に実感する。

もう一度見たい映画だ。





”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界