プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ホドラー

Hodler001.jpg

わたしはスイスの画家、ホドラーについて、ほとんど知識はないが、気になる絵は幾つもある。
本棚の模様替え最中に数枚の絵を観て、これは明らかに自分の好きな画家に入ることを確認した。

わたしがホドラーに惹かれるところは、その身体性における共感度による。
どのテーマを扱っていても、それはリズムを顕にしており、反復(彼の謂うところのパラレリズム)がその強度を高めている。
それも心地よく。
ずばり「オイリュトミー(Eurythmy)」という絵があるが、彼の絵はまさにその”美しいリズム”によって構成される。
ルドルフ・シュタイナーの提唱したオイリュトミーは、言語や音楽のエネルギー(律動)を身体表現によって具象化するものであるが、ここでは心象・イメージのもつエネルギーが見事に絵画(形体の並行した連続・反復性と色)によって具象化されている。
つまり優し気で内省的な老人の並ぶこの「絵」のみならず、彼の絵全てが絵画版オイリュトミーとも謂える。
わたしが「昼Ⅲ」と共に最も好きな絵である。

Hodler002.jpg

Hodler003.jpg

それを意図的に打ち出した初期作「夜」からそのリズムは一貫しており、変貌するのは色彩~装飾性(単純さ)である。
人物であろうと風景であろうと、調和のとれたリズムが基調に静かに流れる。


Hodler004.jpg

これは巨大壁画である。
単純化と装飾性においても、ムンクに影響を与えたことが納得できる。

Hodler005.jpg


わたしは風景画は苦手で、人の絵(風景画)を観るのも苦手なのだが、ホドラーの風景には非常に惹かれる。
魅入ってしまう。

この物質性~身体性がたまらない。
彼の風景画には好きな作品が沢山ある。
セザンヌと共に、いつまでも魅入ってしまう「風景画」なのだ。
(勿論、ピサロやゴーギャンもとても素晴らしいのだが、明らかにその種の風景とは異なり、彼の心象というか身体性が心地よくリズムと共に単純化され表出されている)。

そして「青」が神秘的で純粋で美しい。
その特徴的な「青」に、黄色、(緑)、赤が構築性とリズムを際立たせるよう対比的に鮮やかに使われることが多い。

Hodler006.jpg

特に晩年の風景には、穏やかで静謐なリズム~永遠を感じる。
神話性を帯びても来る。
究極の風景。
ほとんど抽象に近い。
現代音楽(ミニマル・ミュージック )を観る想いだ。
(初めから抽象を狙ったものではなく、結果として自然に描かれた、そんな作為を感じぬ絵である)。
何と謂っても気持ちが良い。
快感なのだ。

Hodler007.jpg

久しぶりに清々しい安堵感にも浸った。
そして、、、恐らく自分で描くのが、もっとも健康的な気がして来る、、、。



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp