プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カメの家騒動

kame005.jpg

カメの水槽の底硝子に亀裂が走った。
気付いたのは、二日前。
直ぐに替りのモノをアマゾンに注文した。
硝子はやはりキツイ。どうしても割れ易い素材なのだ。
重くて、ぶつからないよう扱いにも注意を払いながらの水の取り換えも大変で、ずっと難儀であった。
やはり割れが入ったか、、、。

下を覆うプラスチックの枠が頑丈で、水漏れは当分ないようだが、いざ漏れたらそれまでである。
早いうちに取り換えた方が無難であろう。
そこで今度は青いタライにした。(選択肢の範囲では、青しかなかった)。
よくあるタライだ。四角いもの。
最大の利点は、底に栓が付いていて水換えが楽な事。それに割れない。これも肝心なところ。
大きさはどれも今より大きい為、一番小さいタイプにした。それでもひと回り大きい。
(大きいものだと、大の大人が水浴びに悠々使えるとのこと)。

60L、80L、120Lの三種類から60Lを選んだ。
今日届いたものを見ると縦横は良いが、やはり深すぎる。
そのためカメたちにかなり圧迫感や閉塞感を与えないか、、、。
実際彼らを入れてみると、ずっと手足をバタバタしている。落ち着かない。
やはり環境の変化~悪化か?、、、に戸惑っているのが分かる。
カメはかなりしっかり目で見て生活していることは確か。
(とは言え、目が良いとは思えないが)。

これまでは透明で外が覗えたのに、気味の悪い青く高い絶壁しかない。
実際、彼らにとってどんな感じなのだろうか、、、。
ただ、餌を食べない。
ここ3食程だが、(ほとんど)食べようとしない。


基本的に慣れさせるしかないのだが、、、。
娘のアイデアで餌の時だけ、水替え時に臨時で入れていた今や狭くなった水槽に移動させて食べさせようということにしてみたが、ヒーターを入れると場所もなく、手狭感が半端ではない。餌にも食いつかない。
そこで少し大きめの洗い桶に移して様子を見たら、得意の相手の甲羅の上に乗っかる方法でいとも簡単に脱出して悠々と部屋を闊歩しているではないか。それは高さが浅すぎたのだ。
餌より何より、自由に開放的な空間を満喫したいのか、、、。
好奇心が旺盛なのか何なのか兎も角、真っ直ぐ何処までも歩いてゆきたがる。
前向きで後先考えない人々ではある。
(その為、外で脱出するとよく車に轢かれる)。

どうなのか、タライでも見通しは悪くても、そこそこの広さは確保されている。
水中からは確かに周囲が観えないが、亀島に登って首を伸ばせば外は覗える。
こちらとも顔は逢う。
やはりそのまま、底の深い青タライで様子を見て行こうということになった。
娘が言うには、硝子の面に映る自分の顔や姿と遊ぶのが楽しそうだったよ、と言う。
どうなんだろうか?

兎も角、様子を見ることにする。


ゴッホ

Gogh001.jpg

「アルルの跳ね橋」は他に5点あるが、青と黄色の関係がビビットで美しく構図も絶妙なこれが一番好きだ。

他の絵はこれ程、色もタッチも突き抜けてはいない。
こんなにこの世離れして、明るくない。

復元された橋を観て、つくづくこの絵の絶妙な凄さが分かる。
この度外れた色彩(光)の明るさ、、、。


NHKの「日曜美術館」(別にNHKに好意はない)をぼんやり見ていて、ゴッホについてわたしも感じるところを幾つか書いておきたくなった。
ひとが話しているのを聞くと刺激を受ける。
特に日本では、ゴッホ、ルノアール、モネについては、一過言持っている人は多いと思う。
この3人の展覧会などに集まる人の数からしてそうである。
セザンヌもそうかも知れないが、多少とっつきにくいところはあるはず。
ゴーギャンにしてもそうだ。
どちらかと言えば、ルソーなどが好きだという人の方が多いか、、、どうか?

Gogh002.jpg

配色とタッチが極めて独創的でしかも高度に融合している。
これだけ思い切ったことをしていて破れ目が感じられない~とても自然に見える。
ここが凄い。
少しでも真似をすると気がつくが、高校時代になど一度はこんな描き方をしてみたいと思ってやってみると、こうは明るくクリアに落ち着かないことが分かる。
油絵である。アクリル画ではない。
乾かない為にどうしても分厚いタッチで絵の具を置いてゆくにも混ざって来てしまい、色が濁る。

特殊なメディウムを使ったという話も聞かない。
どう見ても乾かしながら悠長に描いた感じはないため、逆に凄い高速で筆を運んだか?(それでも混ざるものは混ざる)
沢山の筆とパレットの扱いにも気を使い、混色・混濁を避ける絶妙な方法を編み出していたのか。
タッチ、筆致の使い分けがともかく尋常ではないのだ。細心の注意を払って確信をもって引いている(又は置いている)。
水墨画家の筆運びに近いのか、、、。

所謂、情熱とか狂気とか炎で描けるような生易しい絵ではない。
一気呵成に描いているように見えるとしても、研ぎ澄まされた方法と技巧で描いている。
大変冷静に。知的に。と言っても間違っても概念的にではない。それを打ち崩して、独自の観念=技法で。
機械的に描いている。または身体的に。


オランダ時代の、真黒で冷たい生々しいずっしり重い絵。
パリに出て来て、その煌びやかな光と色彩の奔流に呑まれ、あたふたしながら影にも色彩を試みて行く頃。
そしてアルルで、ここはまるで日本だとか謂いながら、見事に明るい色彩と流動するタッチでゴッホの絵としか形容出来ない絵を産む。
しかし、それからの生涯は決して長くはない。惜しい。
(絵は一枚しか売れなかったが、その存在に気付く人も出てきてはいた)。
もう少し、長く生きていれば、境遇はガラッと変わっていた可能性が高い。

だが実際に日本に来てがっかりしなくてよかったかも。
少なくとも湿度である。日本で油絵を描いたら、乾きが悪くて調子が狂うはずである。
そう考えると、逆に日本の浮世絵の優れた抽象性(平面化と単純化と色彩・配色の妙)の認識に役立つ。
日本画はやはり版画だ。版画に向いている。(水墨画は別として、、、これは滲み、濃淡、掠れの世界である)。


でも日本に来れば、そこで絶対に「富士山」は描いていたはずだ。
(番組のゲストに呼ばれた人も謂っていたが)。

それは、当然絵画史に残る傑作になっていたはずである。


Gogh003.jpg

「星月夜」
中学生時代、ずっと部屋に飾っていた思い出深い絵である。
(画集の付録が、これとルノアールの「花を持つ少女」であった)。



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp