カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

イーオン・フラックス

Æon Flux001

Æon Flux
2005年
アメリカ

カリン・クサマ監督
フィル・ハイ、マット・マンフレディ脚本

シャーリーズ・セロン、、、イーオン・フラックス(反政府組織モニカンの女戦士)
マートン・チョーカシュ、、、トレヴァー・グッドチャイルド(ブレーニャ政府議長)
ジョニー・リー・ミラー、、、オーレン・グッドチャイルド(トレヴァーの弟)
ソフィー・オコネドー、、、シサンドラ(モニカンの女戦士、改造人間)
フランシス・マクドーマンド、、、ハンドラー(反政府組織モニカンの司令塔)
アメリア・ワーナー、、、ユナ・フラックス(イーオンの妹)
ピート・ポスルスウェイト、、、キーパー(飛行船レリカルのDNA管理者)

ちょっとキャットウーマンぽい感じでこちらも観てみたが、大変練り上げられたシリアスな作品であった。
見ごたえは充分である。
「一度きりの本物の人生を生きるために闘う」戦士の物語である。


2011年に致死性のウイルスにより人類の99パーセントが死滅という前提には、感覚的に違和感は持ってしまうが、舞台はそれから400年後の世界である。

ブレーニャという壁に囲まれた都市に生き残った人類は住んでいる。その外は汚染地域とされ隔絶されていた。
空には飛行船レリカルが浮かんでおり、都市に住む人間のDNAを上空で管理している。
一切発言の機会がないほど人々は管理されており、行方不明者が続出していた。
高度に発達した科学は徹底した管理に利用されている。

反政府組織モニカンの司令塔ハンドラーは口移しのカプセルを介し、脳内パルスによってイーオン・フラックスに統治者のグッドチャイルド家の転覆のための破壊活動を命じる。
強力な管理により必然的に生じるレジスタンス(モニカン)の一掃に政府は力を入れているのだ。
モニカンの監視施設の破壊任務では、その組織潜入から中枢システム破壊までの手並みが滞りなく鮮やかで、いかに彼女が優秀でクールな戦士であるかが分かる。
シャーリーズ・セロンの一連のシャープな動きで、彼女の凛々しさと美しさが一際冴える。
しかも柔軟性が尋常ではない。(クラシックバレイで鍛え抜かれたものだという。納得)。
Æon Flux003

統治者の議長トレヴァーは、かつてウイルスから人類を救うワクチンを開発したが、その副作用で自然妊娠ができなくなってしまった。その為、人々には仮想妊娠にクローン技術を用いて、子供を自然に授かったと錯覚させていた。
人類は、クローンで再生されて生きながらえてきたのだ。
今現在のトレヴァーは、オリジナルから数えて7代目だという。
その間、不妊治療法の開発を代々使命として受け継いできた。

その戦いの最中、結婚したばかりのイーオンの妹ユナが、体制組織(警察)にモニカンとされ射殺される。
そして司令塔ハンドラーから、イーオンに今度は議長トレヴァーの暗殺を命じられる。
彼女にとっては妹の敵であった。

しかし決死の覚悟で潜入して徐々に明かされてゆくことは、、、。
(潜入するまでの同志シサンドラとのアクションはまるでゲーム画面を楽しむようなスリリングなものである。潜入後のアクションも勿論、ゲーム感覚で冴えている)。
しかし同時に自分の意識に妙に引っかかってくる記憶が鮮明になってきて、それが任務の遂行でケリのつく問題ではないことが分かってくる。

Æon Flux002
トレヴァーは、不妊治療の薬を研究の末、漸く開発に成功していた。
これで人類は自然に生まれ死ぬことが可能となるはずだったが、それを恐れた弟に研究データを処分されてしまった。
しかも彼は兄を殺害して自ら議長となり、自分が永遠にクローンで生き続けようとしていたのだ。
中枢組織でのクーデター計画が着々と進んでいたのである。
弟はどうやら現状をユートピアとして死守しようとしていたのだ。
更に驚くべきことは、殺された妹はコミュニティ内で初めての自然妊娠であったことが判明し、まさにその為に殺害されたのだった。
弟のクーデター組織は警察を使い、すでにその後に自然妊娠しはじめた母体を尽く殺害してきたのだった。
研究成果は潰されたが、自然が元の生殖~妊娠サイクルを取り戻す兆候をはっきり示し始めていたのだ。

イーオンは、妹のDNAで生まれたひとりの赤ん坊を探し出す。
すんでのところで、警察に爆殺される前に彼女と両親を救う。
この後はイーオンたちとオーレン陣営との激しい銃撃戦が繰り広げられてゆく。
ここの銃撃アクションも凄まじい。サムペキンパー並みの撃ちまくりである。
そしてシュワルツネガー並に、イーオンには銃弾は当たらないが、展開はなかなかドラマチックなのだ。

結局、弟たちを全員射殺し、彼女は最後の仕事と言い飛行船レリカルの爆破に向かう。
そのなかの老科学者キーパーこそ、かつてオリジナルトレヴァーの妻であったキャサリン(今のイーオン)のDNAを弟が始末するように命令したにも関わらず、残し続けたその人であった。
それが必ず人類にとって救いとなるはずだと思ったからだと言う。
彼の判断が正しかったのか、、、それまで400年以上待ったが。
トレヴァーとイーオンに引き継がれた記憶が鮮明に蘇る。
初代がデートの約束をした頃の記憶まで、、、。
こういう記憶は美しい。

Æon Flux004
爆破されたレリカルが都市の壁をぶち破り墜落する。
人々は壁の外に希望を携え出てゆく。

「人は死ぬものよ。だから生きる意味がある。」
「亡霊みたいに生き続けるのはまっぴら!」


終始颯爽としたイーオン~シャーリーズ・セロンであった。
後味の良い作品である。


続きを読む

キャットウーマン 

Catwoman001.jpg

Catwoman
2004年
アメリカ

ピトフ監督


ハル・ベリー、、、ペイシェンス・フィリップス(キャットウーマン、デザイナー)
ベンジャミン・ブラット、、、トム・ローン刑事
シャロン・ストーン、、、ローレル・ヘデア(ヘデア・ビューティー社社長夫人)
ランベール・ウィルソン、、、ジョージ・ヘデア(ヘデア・ビューティー社社長)
フランセス・コンロイ、、、オフィーリア・パワーズ(猫神話の研究家、教授)
アレックス・ボースタイン、、、サリー(ペイシェンスの同僚、親友)


ハル・ベリー繋がりで見るつもりもなかったのだが、昨日の「チョコレート」では、アカデミー主演女優賞を獲得した彼女が、その後のこの映画ではあのラズベリー賞を受賞している。しかも主演女優賞だけではなく、作品賞・監督賞・脚本賞まで総なめである。ある意味衝撃の注目作ではないか、、、?(彼女の受賞スピーチは、やんやの喝采だったらしい。転んでもタダでは起きない女優魂か?)
原作は所謂アメコミヒーローもののバットマンで、ザ・キャットという形でデビューしたそうだ。
(わたしはアクションものもアメコミも興味はない。が、ジャッキー・チェンなどのアクションはただ見ていて楽しいためそれを少し期待してしまった、、、)。
共にもうひとりの自分がいるヒーロー(ヒロイン)。
40年代から雑誌で活躍を始めるが、外見はコロコロ変わってきたという。
今回の衣装はファンからの賛否両論で、すんなり行かなかったらしい。
ただ、ここではバットマンとの接点など全くない独立・完結したキャット・ウーマンの話である。

Catwoman003.jpg

主人公ペイシェンス・フィリップスは、ポスター依頼を受けた会社の秘密を立ち聞きしてしまい一度殺されるが、エジプトの猫神”マオ・キャット”の力でキャット・ウーマンとして蘇る。
囚われの人生を送っていたが、新しい自分をまるごと受け入れることで自由を得た、、、
これからは、自分らしく逞しく生きるわ。
というもの。

知らぬ間に違う(攻撃的な)人格や猫になっていて、ふとそれに気づくあたりは面白い。
鞭を使い、とても敏捷に動く。猫の仕草の真似はするが特に動きの真似はしない。
確かにジャンプ力とか飛び降り(着地)の体勢作りなどはそれらしい。

Catwoman002.jpg

「ビューリン」という若返るが、恐ろしい副作用を持つクリームでボロ儲けを図ろうとするヘデア・ビューティー社の陰謀を潰すそうというキャット・ウーマンの活躍を描く。
賢そうな猫の活躍もなかなかのもの。
気紛れ猫をこれだけ動かすのは撮影も大変だっただろう、と思う。

だが全体として脚本が絞り込めていない。
この話はどう見てもシリアス路線で行くには無理がある。
元がとっても薄く単純な話であるし。
どっちつかずで進むより、ただひたすら派手で奇抜なアクションとスリルで押すべきだろう。
折角、猫をメインイメージに押し出しているのだし、その使い道をもっと豊かに工夫したらどうだろうか?
それほど強い主人公というわけでもないし物語上、展開に山が幾つもあるわけでもない。
もう少しコメディタッチで面白く筋を作ってみてもよかろうに。
(しかし間違っても最初のバスケのシーンのような気色悪いものは止めた方がよい。やはり製作陣にセンスがないことは充分に分かる)。

ローレル・ヘデア新社長との最後の戦いも、よく分からない。
相手は化粧クリームで面の皮が厚く(いや大理石のように固く)なっただけの中年女性である。
何であんなに尺を取って互角に争うことになるのか、、、普通の人ではないか、、、?
それともシャロン・ストーン(やはり石か)に威圧されたのか?
確かに怖いのだが。

こういうアクションものは、ガジェット類の充実も大切な要素であろう。
バイクがアン・ハサウェイのキャット・ウーマンのときの果たして曲がれるのかという凄まじいバイクではなく、普通の(高性能な)バイクであったのが、ちょっと残念。やはりその辺はオフィーリア・パワーズ女史から特別に託された飛んでもない(なんだこれは、という)バイクとかが欲しいところ。そればかりに拘る気はないが普通のバイクでなく、遊び心がもう少し欲しかった。
Catwoman006.jpg
ちなみにアン・ハサウェイのバイクCatwoman004.jpgCatwoman005.jpgやはり曲がり難そう。

実用性より目を楽しませる物が次々に飛び出てきては、何でこんな場面でそんなものをわざわざ使うの?と疑問を持たれながらも使って楽しませてくれるのもひとつ。
そんなサービス精神ももっと欲しい。
何れにせよ、基本コンセプトもアイデアも薄い。
粗雑。センスも感じない。


ラズベリー賞総なめにしただけのことはある作品であった。
納得である。


プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: