カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ノートパソコンのキータッチ インターフェイスの恍惚

sakura005.jpg

以前、わたしは14台ほぼ同時に家でパソコンを稼働させていた時期がある。
サーバーも入れてだが、、、。
それぞれ役割が違うのだ。名前も違うが、、、。
ディスクトップのタワー型に独立して接続しているキーボードのキータッチはストロークが長く深い確実な入力感の恍惚を味わうことが出来る。構造はラバードームでキートップを支えるものでメンブレンと呼ばれるものだ。
一方ノートは、パンタグラフ方式のため、軽くて浅いキータッチである。キーの中心を叩かなくても垂直に力を伝える。
だが、わたしはこのノートのキータッチには、これはこれで良いと思うものと、どうにも心もとなくチープで悲しくなってしまうものがある。

実はパソコンに期待するものは仕事に合ったスペック等いろいろあるのだが、全般においてキータッチが思いのほか大きい。
昨日、修理からかえり、交換部品はメモリーであった。16GB(8GB×2)積んでいるが、これがいかれていたらしい。
まだ正常に動くかどうかはあす試してみるつもりだ。メモリー不具合は結構あることだ。
ブルーレイ映画2時間強のものをドライブがしっかり再生しきれれば、取り敢えず問題ないとする。
いつも再生が終わってからは、キーボードのフル活動という番になる。
戻ってきたノートのキータッチというのが、実にふにゃふにゃ感が強い。
タッチしてゆく感覚が心もとない。
それはそこで~パソコン上で書く事柄にも何となく現れてしまう。

パソコンというと、基本スペックを文字記号の上で調べて購入を決めてしまうことが多い。
あまり実際に店頭でキーを打った感触で決めて買ってくることは少ない。
だが家に持ってきて実際に使うときは、もうキーを打ちまくる以外にないのだ。
例え問題症状が治っていたとしても、チャッチイキーの感触にどことない情けなさを感じ続けるのだろう。
この文はそのパソコンから今打っているところ。

昨夜心配したルーター繋げは問題なく済んだ。
今後も軽めでも3Dの制作はせずに3Dを動かす程度のことは、やるはずだ。
いざ作るとなるとアプリケーションはグラボを選ぶ。
まず、DirectX系ではなくOpenGL系となるし、MAYAをやるならGforceでなくELZAを選ぶことになる。
そこまではやらない。わたしは寧ろ動画を滑らかに再生するための動画再生支援機能のあるグラボ(今は普通についている)が大切だ。今回のトラブルもノートでブルーレイのタイトルを見ている最中におっこちたのだ。そして再起動戻ったらまた最初、では一向に先に進まない。これは致命的でどうにもならない。初期化程度でなんとかなるものではなかった。
だが、そんなことを色々しながらもキーは打ち続けているのだ。
このキータッチはインターフェイスの基本中の基本要素である。
疎かにできないものだ。
今回、スペックだけでノートパソコンを選んでしまい、その部分が考慮に入れていなかった。


何かを決める~押すときのその意思に対する外界~対象の抵抗の心地よさ、、、
これが大切で基本である。


レタッチ/裸の微笑

UNCOVERED.jpg
DVDジャケット
UNCOVERED
1994年
アメリカ

ジム・マクブライド監督

ケイト・ベッキンセイル、、、ジュリア(美術修復師)
ジョン・ウッド、、、セザール(ジュリアの養父、ドンの弟)
シニード・キューザック 、、、メンチュ(画商)
ポージ・ベーハン 、、、ドミニク(チェスの達人)
ピーター・ウィングフィールド、、、 マックス(ローラの夫)
ヘレン・マックロリー、、、ローラ(ドン・マヌエルの姪)
マイケル・ガフ、、、ドン・マヌエル(城主、絵の持ち主)
アート・マリック、、、アルバロ(美術史教授、ジュリアの元恋人)


これまた酷い邦題である。
体調から言って、重い作品は体に悪そうなので、昨日のケイト繋がりで観てみることにした。
正確には二度目である。(以前観た印象はほとんど残っていない)。


話は、犯人は序盤から分かってしまうし、ハラハラドキドキ感も薄い。
そもそも何で人が殺されるのか自体に説得力がない。
(殺人をする上での切迫感と必然性がない)。
絵の謎についても今一つしっくりこないし、何故、誰が上塗りして文字を消したのかも不明だ。(セザールか?)
ともかく絵に謎が隠されていることは全く珍しいことではないし、フェルメールの時代の絵などは寓意が篭められていて絵は読まれるものでもあった。
だが、その絵の謎と、つまりここではドミニクが絵の中に描かれているチェスの動きを再現しながら「その当時」の人間関係と事件について解き明かしてゆき、それ自体は面白いのだが、何故それが今現在の彼らに結び付けられるのか?
これが突飛過ぎる。
設定に無理がある。

原作があるらしいが小説として成り立っているのか?
それともこの映画の問題か?

しかもジュリアの家のドアの前にわざわざ次の駒(次の犠牲者)を置いてゆくのはどういうつもりなのか?
犯人のセザールはジュリアを偏愛していて殺人も彼女に城と絵の財産を継がせるためだったはず。
わざわざ彼女を巻き込み不安がらせる必要があるのか?
(巻き込むのを企んだのがそもそもセザールである。絵は彼の所有に移っていたし、おそらくメンチュを通してジュリアに修復を依頼させたのだろう)。
彼女のためを思うになら、他に方法は幾らでもあったはずである。
やはり変だ。一種のサイコだ。自分の死期が迫っていることとこれは別問題だ。
その絵のチェスから当時の事件の真相を追わせ、それを強引に今の彼らの現状に当て嵌めさせる意味がそもそも掴めない。
セザールは結局、何をしたかったのか、、、


ケイト・ベッキンセイル21歳当時のフレッシュな容姿が見れるというファンにはありがたいフィルムとなろう。
透明感があり瑞々しく美しい。
今からは想像できないショートヘアで凛とした専門家の女の子というカッコよい役だ。
演技は上手いと思う。
ケイト・ベッキンセイルのPV的位置にあるものか、、、確かこれは劇場未公開の作品だ。
劇場で上演して人が集まるだろうか?

何にしろ、もうほとんど脳裏には残っていない映画である。
何を見たか忘れぬうちに書いておこうと思ったのだが、書くほどのものは何もなかった。
かえって書くのに苦慮した(笑。


この手の作品はいつも借りてから、よかったら改めて購入していたのだが、いきなり持っていたことが、わたしにとって一番の謎である。



プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック