プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

廃墟の時間

kumamusi001.jpg

ほぼ毎日、車で送り迎えをしている道すがら、廃屋が気になっている。
もう随分前からだ。
かなり立派なお屋敷から、昔よく足を運んだ古本屋まで、、、カウントしたらかなりの数にのぼると思われる。
スーパーやデパート、ボーリング場は、空いてもすぐに次の店に改装されたり、取り壊され再生する。
しかし病院は、次のものになるのに暫くかかる(微妙な時間を経る)。
そして大概、取り壊される。
マンションなどがその土地に新たに建設されることが多いが、時折また病院が立て直されることもあった。

そのままずっと長いこと放置されるのは、普通の民家や個人経営の小さなお店である。
時間の滞った内部で何が起きているのか、何が充満しているのか、とても不安になってくる。
よく廃墟探索等といって、チームを組み中に入ってみる人がいるようだが、とてもそんな気にはなれない。
病院ならまだよい。
広い空間がある。たくさんの空いた窓を吹き通る風がある。逃げるための外階段がある。
しかし、小さな空間は恐ろしい。そこに空気はあるのか、別のガスなのか、水が溜まってはいないか。
細部という細部が捲れ上がり、何かが侵入し発生している。密かに密かに異なる時間のなかで熟してゆく何か、、、。
そんな像を結ばないイメージが浮かんでくる。
それは、めくるめく群れを成していた。

廃墟(廃屋)には動くものがない。音もしない。
そこから、閉じられた内部にも動くものは見られないと思う。
あからさまに、大きなものは、大きな動きは、、、目につくものは。
そのようなものは、廃墟の静寂を壊してしまう。

だが、小さなモノたちは、きっとどこにもいる。
この地平の何処にも偏在することは、科学が実証してきた。
無音で策略を練り無言で実行するモノたち。
小さく細やかに忙しなく群れ動き、密閉した壁を僅かづつ自動的に食い破って進攻するモノたちの事だ。

そんな小さな機械の群れは、突っ切ってゆく。
誰の目にも留まらず。
鳥の目にも、監視カメラのレンズにも、猫の目にも、、、満月の下にあっても、、、風が吹いても。
誰にも気づかれず。

われわれの地図に関係なく、われわれの国に重なり、われわれの知らない国名をいつしか名乗っている。
勿論、聞き取れない音と、発音できない声で。
ただ、鳴き声や自然現象のなす音ではないことは、聞き分けられる。
そんな音=存在が、巣食って充満して、いまや臨界点を超えんとしていた。


それは、まったくの虚無から突然、物体化する「他者」である。





エデンより彼方に

Far from Heaven001

Far from Heaven
2002年
アメリカ

トッド・ヘインズ監督・脚本
「ベルベット・ゴールドマイン」の監督だ。

ジュリアン・ムーア、、、キャシー・ウィテカー (ブルジョワ家庭の婦人)
デニス・クエイド、、、フランク・ウィテカー(キャシーの夫、ゲイ)
デニス・ヘイスバート、、、レイモンド・ディーガン(黒人の庭師)


50年代のブルジョアたちの社会を日常生活の視点から描いている。
その時代の衣装、風景、車には特に目が行く。この時代のアメ車の大きいだけの無骨で愛嬌のある姿は微笑ましい。
バーンスタインの音楽も雰囲気によく合っている。
演出ともによく計算された映画作品という印象を受ける。
何というか手堅い堅実な描写で禁欲的に進む。(大袈裟な描写・演出がないところに好感をもつ)。
この日常に、レイシズム、同性愛(ゲイ)に対する意識のあり方を絡めてゆく。
と言っても、この時代を克明に描けば、自然に入ってくる基本的要素か。

公民権運動は、キング牧師を中心に広まって来てはいるが、この映画の舞台となった57年はまだ厳しい状況。
64年7月ジョンソン政権下で人種差別撤廃をうたった公民権法が成立するため、キャシーとレイモンドが堂々と逢えるのはもう少し先になろう。
ここでは、夫のゲイの件も同時に扱う。
あからさまに性差別という形では出てはこないが、夫婦関係は壊れる。
これは仕方ない。差別ではなく、あくまでも夫婦間の生理、(性の)相性の問題だ。
勿論、ふたりの中にホモセクシャルに対する差別意識は横たわっているが、それ以前の逆らい難い生理的な嫌悪がある。
夫も自分の性に対しもがき苦しむが、夫婦ともに諦めの境地に至る。思想レベルの問題ではなく、話し合いで解決するものではない。文字通り、どうにもならない。

キャシー・ウィテカーはとかくこの時代に(限らず)、主婦として女として人として胸の内に収めきれない物事をきれいに話してしまえる、解放された知性を持つレイモンド・ディーガンに惹かれてゆく。
これは自然なことだ。レイモンドはその思想を行動でも堂々と実行しようとしている。
しかし、こういった事情~事実は共同体のうちにあって齟齬や軋轢からやがて迫害(追放)しか生まない。
親友と信じてきた女性もあからさまにキャシーを拒否してきた。
彼らは強く思い知る。
時代(パラダイム)の限界として。

ただレイシズムは、現在でもある。
更に復活をみて活性化しているように見えるが、単に潜在していたものが滲み上がっただけか。
特に感情的で感覚的な度合いの強い思念は、それ自体力のない言葉(道徳的なもの)で消し去ることは愚か押さえつけるのも難しい。
完全にそれを消滅させる次の場所=概念が準備されなければ、それは昇華しない。
消えたと思っても単に違う姿を纏っているだけの根強いものだ。
ちょうど、トランプの出現とともに、人種、性差別は一気に顕在化し吹き出ている。


抑えた感じの強い映画であったが、フランク・ウィテカーのあれだけの社会的ステイタスを持ちながらも、最後よく思い切ったものだと、ちょっと他のシーンにはない、この映画の枠を破る決断に思えた。
「好きな人と何処かへ行く」って、、、大丈夫か?
このフランクの今後こそ心配である。(感情的にはほとんど同情しないが)。
ふたりの子供はどうするのか、特に男の子の方はパパになついているではないか。

キャシー・ウィテカーとレイモンド・ディーガンの別れのシーンは、昼のメロドラマでも、もうふた捻りはもってゆくはず。
お互いに住むところが別の世界だと、、、。静かにふたりして手を振って駅のホームで分かれてゆく。
これを見せられて終わるとは、さすがに思わなかった、というより終わり頃は薄々気づいていたというのが正直なところだが、、、。

結局、キャシー・ウィテカーというブルジョア婦人が、性の問題とレイシズムを前に引き裂かれてゆく運命にも健気に耐えて生き抜こうとする気高さみたいなものを描いているのか、、、。
それもそうだし、黒人のレイモンド・ディーガンも苦境に立ってはいるが立派な男である。
新たな土地で、逞しくやっていけることは、想像に難くない。
ただ(元)旦那のフランク・ウィテカーが飛んでしまった分、かなり際どい着地を要求されるものと思われるが。
何処にどう降りるにせよ(笑。

Far from Heaven002






検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp