プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

娘の音楽発表会

music001.jpg

小2の娘の音楽発表会に行った。
長女が音楽祭実行委員をしている。
発表時舞台に、実行委員で最前列に並び、順番にマイクを回し演目の紹介をしてゆく。
長女は列の真ん中で、オリジナル曲をみんなで協力して作ったという部分をアナウンスした。

びっくりした。
日頃、うちでムニュムニュ喋っている時と全く違い、とてもクリアにしっかり聴き取れる発声だった。
ホントにうちの子か?と思って観たが、そうだった。
クラスでピアノを弾いて、実行委員に選ばれたと聞いたときには、そうかと信じたが。
こんなに喋るのかと、目の前(先)で観ても、にわかに信じられなかった。

日頃、忘れ物はするし、宿題嫌だと一度はごねるし、訳の分からぬ話はするし、変わった感性を持ってることは知ってはいた。
熱中して物を作るのが何より好きで、絵を描いてもかなり長時間集中しており、外部にはほとんど無関心でひたすら自分の世界の仕事をするタイプだと思っていたが、、、。

そう言えば、曲を作るために集まったとか、休み時間とかに実行委員の仕事をしたとか言っていた。
そんな風に集団で何かをやることに、馴染んでくれたらとても嬉しいことだ。
わたしが、そういうのが大の苦手だからだ。

やはり、委員を体験すること自体が齎すものは、大きいと思われる。
選んでもらったことには感謝したい。
娘の可能性が広がった気がした。

肝心のオリジナル曲の合唱であるが、思った以上に凝った曲であった。
手でリズムをとったり、後半からはメロディオンも入り曲に厚みと変化が加えられてゆく。
小さい子特有のがなり声ではなく、綺麗に大きくはっきり発声しようという意識がみられ、立派に歌となっていた。
途中で、隣同士向き合ったり、場所を移動して遊ぶ様子を演劇的に見せたりと、とても工夫が見られた。
このまま進めば、ミュージカルにも発展しそうなものであった。

最後に、実行委員がまた前に集まってきた。
長女は今度は、手に先ほど演奏していたメロディオンを下げていた。

終わったという安堵の表情が遠くでも窺えた気がした。
何にしても達成感が大事である。
これがないと進まない。

終始、長女を片目で見ながら、次女を探し続けたが、とうとう何処にいるか分からず仕舞いであった。
わたしの視力も低下しているが、今朝着ていった服も知っており、それを頼りにも必死で探してはみたが見つからなかった。
前列か雛壇に乗った中列あたりならよく見えるが、その間に入り込むとどうにも見えなくなってしまう。
これでは、業者のビデオでも写真でも撮れていない可能性は高い。
(昨年がそうであった)。


彼女らが帰ってきてからは、2人にご苦労様と言うと、うん頑張ったし、明日ピアノ上がったらラーメン連れて行って、とせがまれた。
勿論、いいよと答えた。
ご褒美が美味しいラーメン屋さんのラーメンでよいのか、、、。
(まだ幼い)。
内心、安上がりで助かった、、、と安堵するわたしであった(笑。


ブルーレイも写真も買うかどうか迷っていたが、買うことにした。


真夜中のカーボーイ

Midnight Cowboy

Midnight Cowboy
1969年
キング・クリムゾンがデビューした年だ。(69年は衝撃作が多い)。

ジョン・シュレシンジャー監督
イギリス人の監督である。アメリカを対象化して観る位置にいる、、、。

ジョン・バリー、、、音楽
ニルソン、、、「うわさの男」主題曲
今でも時折、ひょんな時に耳にする。

ダスティン・ホフマン、、、ラッツォ(片足の不自由なコソ泥)
ジョン・ヴォイト、、、ジョー(テキサス出のカウボーイ)

アンジェリーナ・ジョリーのお父さんである、ジョン・ヴォイトと、、、
ダスティン・ホフマンは言うまでもなく、、、大したものだ。


「カウボーイー」ではなく「カーボーイー」なのだ!邦題はいつも奥が深い、、、。


「うわさの男」
Everybody's talking at me
I don't hear a word they're saying
Only the echoes of my mind

何度か読むうちに、これは尋常でない歌だと想える。
”Only the echoes of my mind”
おれには分かっちまう、ところが厳しい。

ジョーがカウボーイスタイルを決め(田舎者丸出しで)ニューヨークに意気揚々と着いた時、ラッツォ(ネズ公)はその地で、うらぶれて夢の終焉を迎えていた。
そんな時に、2人は出逢う。始まってから25分が経過した頃だ。
ラッツォは皆に嫌われるコソ泥で詐欺師でもある。足も不自由で自分でも気にしている。
ジョーが金を騙し取られついにホテルを追い出されて、ラッツォの解体寸前の無人ビルのねぐらに招待される。
奇妙な2人の同居生活が始まる。
文字通り最底辺の生活だ。(電気もない)。
しけたタバコを2人してしきりに吸い合う。

ジョーの気の良い田舎者振りがたっぷり描かれる。
そもそもハスラー(ジゴロか?)になって金儲けしようなどという、突拍子もない事を考えてニューヨークに来ているのだ。
(何処にでもアメリカンドリームが転がっているわけではない。余りに考えが甘すぎる)。
この時点で、完全に浮き足たっており、端から挫折が約束されている。
出会う人間みんなに騙されるか相手にされずに放り出されてゆく。
うまくチャンスをものに出来そうな時も、2人してまんまとそれを逃がす。

流れの途中で何度もフラッシュバックとして挿入されるジョーのトラウマのイメージがいまひとつどんなものなのかは分かり兼ねるが、過酷な思いの総体であるテキサスにオサラバして、憧れの東部ー幻想のパラダイスを求めたのだった。
(人間は本質的に他の場所に憧れる。今は、他の天体への憧れがかつてないほど燃え上がっている、、、基本そんなものだ)。
ジョーが取り敢えずまともに20ドル稼げたパーティのサイケデリックな空間は、彼の知っている世界からかけ離れたこの時代のもうひとつの若者の世界であり、物珍しそうな彼の表情が充分に面白かった。
画面のイメージが音楽とともに忽然と変わり、彼らと一緒に観ているこちらまで戸惑うところだ。
ここで、これまでとは違う女性(顧客)が出来たはずなのに、ジョーはラッツォの体調が気になって仕方がない。


ぶつかり合ったり、口論したりしながらも友情を深めてゆく2人。
そんななか、ラッツォの胸の病は確実に進行してゆく。
ジョーは稼いだ金で、彼のために薬を買ってくる。
彼らは、互を気遣い合うようになる。
自分に必要なものではなく、相手に渡す物(戦利品)をねぐらに持ち帰る。
ラッツォには薬よりも、ちゃんとした治療こそ必要な状況になってゆく。
ジョーがいよいよ医者を呼ぼうとすると、彼は医者とお巡りは大嫌いだ、それよりマイアミ行きのバスに乗せろという。
ラッツォは気候の暖かいマイアミで贅沢三昧の生活を送る白日夢をしょっちゅう見ていた。
日に日にラッツォの病は重くなり、ついに自分では歩けなくなる。
しかし、ジョーはすでに彼に愛想を尽かす気など微塵もなかった。ニューヨークへの拘りもハスラーになることも捨て。
彼は少し乱暴な手を使い金をせしめて、長距離バスで2人して、マイアミへの旅に出た。
場所の移動にはいちいちラッツォを抱き抱えて、それがとても自然な優しい雰囲気として流れてゆく、、、。

ジョーはカウボーイースタイルをサッパリと脱ぎ捨て、軽やかに生まれ変わったかのようなマイアミスタイルに決める。
ラッツォがお漏らしをしてしまい子供のように泣きじゃくるところなど、何とやるせない場面か、、、。
新調したヤシの木柄のシャツからズボンまで着せ替えてもらい、顔の汗を素っ気なく拭ってくれたジョーに、一言「ありがとう」と、返し、、、ラッツォが目は半開きのまま、、、
息を引き取ったことに気づかず、ジョーは彼にこれからのことや、自分は外で地道に仕事をするつもりだ、など色々と想いを伝えてゆく、、、。

それに気づいてからのジョーの顔は観るに見れない、、、。

バスの窓から見えるカラッと明るいマイアミが余りに哀しい。
こっちも、もう涙が止まらない。


このコンビは何なんだ、、、!

続きを読む

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp