プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

羅生門

rasyoumon002.jpg

1950年

芥川龍之介 『藪の中』、『羅生門』原作
黒澤明監督

三船敏郎、、、多襄丸(悪名高い盗賊)
京マチ子、、、真砂(金沢の妻)
森雅之、、、金沢武弘(侍)
志村喬、、、杣(そま)売り
千秋実、、、旅法師
上田吉二郎、、、下人


平安時代。というか時代を超越した場所―時空に想えてくる。
羅生門の廃墟としか言えない凄いセットには、ひたすら圧倒される。
雨の降りを激しく見せるため、墨汁を混ぜたという話は大変有名。
それだけでなく、杣売りが森の中を歩き見上げると、木々の間から陽光が漏れ射してくる場面もインパクトを与えたシーンだと聞く。
「わかんねえ、さっぱりわかんねえ」の独白に繋がる迷宮入りも暗示しているものか。

森で起きた殺人事件。
検非違使の庭での関係者3人の証言が、土砂降りの羅生門で杣売りと旅法師により物語られてゆく、、、。
噺の聞き役として、豪雨の中飛び込んで来て羅生門の木材をもぎ取っては焚き火をする下人が加わる。

杣売りは森で、市女笠、侍烏帽子、断ち切られた縄、守り袋が歩くうちに現れ、最後に侍の死体にたどり着いたまでの目撃情報を騙る。他には何も見ていませんと、強調する。もじもじとても慎ましやかに述べる分、何かを隠している雰囲気満載。
そして以下、直接的な関係者からの各証言である。

悪名轟く盗賊の多襄丸は自分がその侍である金沢武弘を剣と剣の果し合いの末、殺したと偉そうに騙る。
森で昼寝をしていたら、そよ風が吹いたために、殺すことになった、などというフランス実存主義文学のようなセリフを述べる。
まるでカミユの主人公みたいだ。(ムルソー?)
そよ風のとき、すぐ近くを馬で通り過ぎた侍の妻の裾がたなびいたのに電撃的エロティシズムを覚えたようで、ここはロランバルトか。
自らの豪放さを演出するかのような語り口で、その気性の激しい短刀で刃向かう妻がますます気に入り、手篭めにした。するとその女はあなたか夫のどちらかに死んでもらいたい。生き残った方にわたしは着くと謂う。これまたギリシャ神話なら驚かないが、かなり究極的な提案をする。フロイトならどう分析するか?結局2人とも勇敢に戦い、自分がその夫の侍を殺すが、女には逃げられたと豪快に笑い飛ばしてみせる。この男、大変見栄っ張りで虚勢をはるタイプに見える。

真砂の証言だが、多襄丸は手込めにしたあとさっさと逃げてしまい、夫にすがるとその目にはわたしを蔑む冷たい光しかなかった、、、という詩的な表現で来た。なかなかの女である。女は兎角、創作は上手い。
殺してと頼むと気絶してしまい、気づくと夫に自分の短剣が刺さっているではないか、、、。その後自害しようとしたが死にきれなかったと。
しかし、これはすぐに杣売りが否定する。自分が屍体を見つけたとき、何も刺さってはいなかったと。
こちらの証言では、女は気弱なようにも窺えるが感情の激しさは見受けられる。そしてここでも自分が殺害したことを主張する。

何と殺された男の話を巫女を通して聴取するという、かなりハイパーな手段も用いる。
平安時代の奥深さを感じるところか。ちょっとわくわくするではないか、、、。
巫女が言うには、、、
真砂は手込めにされた後、多襄丸に慰められる。すると彼女はこともあろうに、どこにでも連れて行ってくださいと美しい表情で頼んだという。その上何とあの夫を殺してとせがんだと言う。これで一気に熱の覚めた多襄丸は、夫に向かって「この女を殺すか、助けるか、どうするか」と聞いた。
真砂は逃げ、武弘は彼女の持っていた短刀で自害したと。つまり自分で自分を殺害したということだ。
しかし、先に言ったように、短刀ではなく、彼は剣で殺されていた。

つまり、みんなが聞き手の下人の言うように、自分の都合の悪いところは隠して嘘をつくのだ。
だが、おもしろいことに、誰もが殺害を否定するのではなく、3人とも自分が武弘を殺したと主張している。
殺害の罪に問われてもなお、隠す何かがあるのか。
女と男の問題が絡むと、昼メロではないが、そちらが優先となるようだ、、、。

この後、飛んだ真証言が語られることになる。
下人に本当のところどこからお前は見ていたのかときつく問い詰められ、杣売りはとうとう白状する。
実は彼は3人の言い争いから見ていた。(関わりになりたくなくて検非違使に喋らなかったのだ)。
多襄丸は女に謝り、お前のためなら何でもするし何にでもなるからといった感じで非常に熱心に汗タラタラで口説いていた。
しかし真砂は無理だと断り、縛られた夫の縄を解く。だが、彼はこんな女のために命を張るのはゴメンだと決闘を拒否する。
そして何故自害しないのかと厳しく問う。これはかなり元々の夫婦仲が悪い感じが否めない。
多襄丸はいつまでも文句を言うなと言って去ろうとする。すると泣いていた真砂が急に高笑いをはじめ、夫ならこの男を殺してからそれを言うべきだと返し、多襄丸に対してもここから助けてくれるならどんな男でも良いと思ったが、お前も情けない男だと吐き捨てる。女の恐るべき底力だ。
そこで、2人の情けない男同士の体面を取り敢えずかけた、へっぴり腰の戦いになる。
先ほどの自分の証言の勇ましい果し合いではなく、本当に素人が刀をもって斬り合いをしたらこんなであろうと思われるリアルで無様な斬り合いが繰り広げられる。下手な腕自慢の侍の芝居掛かった斬り合いなどすっ飛ぶくらいの凄みで圧倒される。
結局、夫が死にたくないと言いながら刺されて死んだというではないか。

どんでん返しは続く。すぐ裏手で赤ん坊の泣き声がする。
下人は素早くそのうわ掛けの衣を剥がして奪う。
それを杣売りが強く咎めると、おれよりこの赤ん坊の親の方が悪い。だいたい手前勝手で何が悪い。生きていくためにはこうでもしなけりゃやってけない、と独自の現実主義の理屈を吐く。
逆に下人は杣売りを問い詰める。その螺鈿細工の高価な短刀はお前が盗んだのだろう。
これにはグウの音も出ない。完全に杣売りの偽善性も下人に晒されることになる。

「わしにはわしの心が判らねえ」と言いつつ、杣売りは「6人育てるも7人育てるも同じ苦労だ」とその子を引き取ることにする。
旅法師はあなたのお陰でわたしは、ひとを信じて行けると礼を述べる。
どうなのだろう、、、。少なくとも性善説を訴えるようなエンディングとは思えない。(授業か何かで最後に性善説の勝利なんだとか教えられた記憶があるのだが、、、)。
全ては、この崩落寸前という感じの羅生門のように覚束無い。
そこに女性の魔性が色濃く絡む。

モノクロで撮られたこの映画の重みは凄い。

rasyoumon003.jpgrasyoumon001.jpg

ATOM

ATOM001.jpg

Astro Boy
2009年
アメリカ

『鉄腕アトム』手塚治虫原作
デヴィッド・バワーズ監督

声:
フレディ・ハイモア、、、アトム・トビー
ニコラス・ケイジ、、、テンマ博士(アトムの生みの親、トビーの父)
ビル・ナイ、、、お茶の水博士(アトムの理解者)
クリスティン・ベル、、、コーラ(アトムの親友)
ドナルド・サザーランド、、、ストーン大統領

かなり凄い人たちが声優をやっている。

邦題の「ATOM」は仕方ない。(われわれにとっては、「アトム」以外のなにものでもない)。
いっそ、元の題名もこれでよかったのでは、、、。


一言。素晴らしい作品であった。
わたしは、アトム派ではなく鉄人派であったのだが、この映画を観てアトムの魅力を再認識した。
まさに「こころやさしい~かがくの子~」であった。何万馬力かは知らぬが、、、。
アートワークもキャラ設定も含め、申し分無かった。
様々なロボットキャラには和んだ。
確かにアメリカのアトムになっており、周りも全てアメリカであったが、アトムの本質はしっかり捉えられていた。
御茶ノ水博士がオリジナルより彼らしく描かれていた気がして、嬉しい。
更にこのアトムはアニメであるからこの愛らしさと抽象性が保てると思う。他のキャラは何とでもなるかも知れぬが、アトムはどうやっても実写には耐えない気がする。

ギャレス・エドワーズ監督の”GOZZILLA”共々、原作へのオマージュ(tribute)である。


空中都市メトロシティで、選ばれた人々がロボットを管理しながら優雅な生活を享受している。

テンマ博士は彼の優秀な息子、トビーをピースキーパー暴走事故(ストーン大統領が原因)で失ってしまう。
博士は御茶ノ水博士が発見した『ブルーコア』(原子力より強大だが安全なエネルギー)を搭載した、トビーに生き写しのロボットを全身全霊で作りあげる。
しかし、ロボットの知力(及び記憶情報)は同等であったが、彼はトビーのコピーに過ぎない、という意識に悩まされ続ける。
コピーとして見ている以上、そのロボットを息子として愛せるはずがない。
単なるコピーはコピーである。
しかも博士は仕事に没頭していて、生前のトビーすらよく把握してはいないのだ。(学校のテストの点以外は、ほぼ知らない)。
博士の理想化した勝手な幻想によって、彼のトビー像は作られている。
そのロボットは、最初から捨てられる運命にあった。
結局、お前は息子ではない、、、とわかりきったことを言われテンマ博士に追い出される。

彼はブルーコアを盗もうとする軍にも執拗に追われ、メトロシティから落下してしまう。
落ちた地上で、”Astro Boy”―アトム(和名)という新しい名前をそこで出逢った仲間につけてもらう。
彼自身もトビーという名前は、剥奪されたも同様であったことから、その名を受け容れる。
彼はひたすら居場所を探す。

彼は『ブルーコア』エネルギーの特質なのか、どんな場面にあっても、他者―人を救う道を選ぶ。
自分を追い詰めた人間を最終的に助けてゆく。
テンマ博士も今のアトム自身を自らの子供として認め、深い愛情に芽生える。
最後にレッドコア(ブルーコア抽出の際の副産物)を装着して街を破壊するピースキーパーとの戦いとなり、アトムは自爆を前提とした双方のコアの対消滅を図り、ピースキーパーを倒す。
ピースキーパーは破壊されたが、アトムも完全にコアエネルギーを失い回復不能となる。
御茶ノ水博士もすでにブルーコアは強制的に処分させられ持っていなかった。
しかし、アトムが100年前の真鍮製巨大作業用ロボットを甦させるときに分け与えたブルーコアがあった。
そのロボットがやって来て自らエネルギーをアトムに分け、アトムは蘇生する。(与えたものは返ってくる教訓か)。

アトムのやり遂げた偉業は、人間とロボットの真の共存を達成したということだ。
ロボット3原則のような主従関係ではなく、友人として対等の関係性を結んだと云える。
ロボットはそれまでのように使い捨ての道具ではなく自立した存在となり、人間はロボットを一個の主体として尊重するようになった。
それによって、アトムは自らの居場所を作ったと謂える。(見つけたのではなく、作り出したのだ)。

この時代に、「ノーベル平和賞」があるならば、間違いなく彼が受賞者であることは間違いない。
(それにしても、ストーン大統領は酷いキャラクターであった。誰をモデルにしているかは想像できた)。



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp