プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

トイレの花子さん

Melancholia002.jpg

次女がご本を読んだというので、寝る前にすかさず長女がやって来た。
4月生まれで6月から飼っている亀(銭亀)が大きさに差ができているのだが、このふたりの間にも大きさの差が出来てきた。
長女の方が、3.5センチ、体重で2.5キロ大きい。

単独で見ても、大きくなった事が分かる。
彼女は、「トイレの花子さん」の話をしに来たと言う。
「本は?」と聞くと、覚えてるときた。
やはり、、、長女は読むのが苦手なのだ。
ひたすら作ったり、描いたり、弾いたりのヒトで、読むのは実にやりたがらない。
最近、担任の先生に作文を褒められたのに、読むことは苦手らしい。
じゃあ、お話聞かせて、と言うとよく友達との間で語り合ってる話の割に、噛みながら話してゆく、、、。


「語り部」から聞いた話によれば、、、。
「トイレの花子さん」は、3の続く都市伝説だ。
まず花子さんは、学校のトイレの事故で亡くなり、トイレに住み着くようになったという。
事故がどういった事故であったのか、その詳細は語り継がれてはいない。
ただ、花子さんは、トイレに纏わる事故で亡くなっている事実のみが皆に認識されている。

夜中の3時に3階の女子トイレの手前から3番目のトイレを3回ノックして、「はーなこさん、いらっしゃいますか?」
と呼ぶと「ハーアーイ」と声が返ってきたら、何とそこを3秒以内に立ち去らないと、花子さんに便器の中に連れ込まれて二度とこの世に戻ってこれないという。(何でもかんでも、3を連続させてみた語呂合わせだろうか。何で3なのか。西洋では6か?)
つまり花子さんと顔を合わせてしまった瞬間に、もうこの世にはいないという事情になる。
これは、ピンポンダッシュを超えるロケットスタートで、花子さんの返事を背中に聞きながら遠ざかってゆくしかない。
それでも、彼女の声が聞けたのなら、その存在を確かめたと間接的に捉えることになろう。
顔が見れなくとも、それをもって、花子の存在確認(花子探検ツアーは成功)としなければならない。

夜中の3時に決行するのだ。余程の心構えで臨むことになる。
肝試し的な要素が何より強い。
(お化け屋敷の延長線上であるか)。

まずうちの娘は、このような怖いことには関われない。
寝るときにその部屋の電気が点いていないと、部屋に行けないでわたしを呼びに来るし、寝付くまで添い寝しないとダメな時も多い。兎も角、少しでも暗いところに一人でいれないのだ。

そのくせ、怖い話にばかり興味がある。
先日、姉妹で何やら真剣に語り合っているから、何事か聞いてみたら「死とは何か」を話していたらしい。
それが、おばけと分かちがたい状況にもある。(普通に考えれば、未知の事象に対する恐怖と不安の感情の表れであろうが)。
2人の研究家によると、人は皆、死んだらおばけになるらしい。
おばけという立場を持って、この世の人と何らかの関係性を保持しているとすれば、これはまた暑苦しいものになる。
幸い花子さんは、何らかの接触を持とうとしてやってくる好奇心タップリの覚悟の足りない連中を向こう側に一瞬のうちに連れ去ってくれる。
これは、とてもすっきりしていて、良いことだ。

花子さんは、人間的な関係性など端から受け付けない。
彼のエイリアンか。はたまたブラックホールか。

こういった特異点をヒトは無意識的に欲している。
無意識的に意図的に他者と消滅を期待している。


お化けの話~PPAP

obake.jpg

次女にお化けの本の読み聞かせをして貰った。
(わたしに何か読んで聞かせたいというのだ。この際、何であっても聞いてみよう)。
今、彼女が一番夢中なのが怖い話であり、肝試しである。
友達とは、その手の都市伝説のネタで大盛り上がりのよう。

読んでくれたのは、怖い話特集本「本当に怖い話」(西東社)から「格安物件の12階」というもの。
わたしが聞いて覚えている範囲(わたしの独自の要約?)で、、、。

主人公はまだほとんど売れていないアルバイトに精を出すお笑い芸人。
彼は今のアパートより安くて広い部屋を探し出し、その201号室に引っ越してくる。
PPAPみたいなのがヒットしたら、きっとじっくり本業に専念できるのだろうが。
(ちなみに、娘たちのクラスでは、必ず誰かが休み時間になるとPPAPを緩く唱い出すらしい。これもある意味恐ろしい)。
新しいアパート初日も彼は夜遅く帰ると、ぐったり疲れて直ぐに寝入ってしまう。
するとその夜見た夢に、、、綺麗なドレスを着たかわいい人形が現れた!
お笑い芸人の彼は、暫しその人形に見蕩れてしまうのだが、、、。
(この辺で次女が思い入れタップリ読むので、笑いを堪えるのに一苦労)。
その人形は大きな鎌を持っていて、口のはしをつり上げて笑って言う。
「ねえ、わたし、一段のぼったわ」と、、、。
(ここで、最後のオチの察しはついてしまうが、堪えて聞いてゆく)。

それから、毎晩夢に現れる綺麗な人形の白いドレスには、赤いシミが広がってゆき、鎌の刃の部分の血ノリも目立ち始める。
その度に登ったという段は一つずつ増えてゆく。
おまけに彼女の表情まで怖くなってきている。(口が裂けてくるとか、、、口裂け女を混ぜたか?)

お笑い芸人はハッと気づき、次の日アパートの階段を数えてみた。
12段であった。
昨夜の夢で、もう7段目まで登ってきているではないか!
彼は全身から血の引くのを感じ、直ぐに引越しを決め、大家にそのことを告げる。
すると彼は、「誰も皆12日経つ前に引っ越して行ってしまうんですよ。やはり、あなたもですか」、、、だと。

今もこのアパートはホントにあるんですよ、、、この現実に繋げてくる手法はTVの「世にも不思議な物語」でも同様だ。

「面白い!いや、怖い!」
・・・・・・・・・・ということで(笑。


非常にショートなお話であった。
星新一にもとっても短い噺はいくらでもある。
別に怖くなくても面白く興味深い噺は幾らでもあることは、彼女らに教えておきたいものだ。

親にしてみれば、初めて娘に本を読んでもらって、感慨に浸りたいところでもあるが、、、。

後でこの本借りて幾つか拾ってみてみたが、ほとんど似たタイプの作りであった。
そのなかでは、先の話は構造がしっかり出来ているものだ。
しかも、直接的な描写でなく想像を要請するところが噺の肝になっていて、良いと思う。
だが、単に怖がらせようとして(その目的に絞って)書かれている事自体はやはり限界である。

う~ん。でも長いのはダメだから今度、星新一の短く読みやすいものを読み聞かせのお返しにしてみたい。
探してみよう。

日頃娘たちの好みをみても、尺の長いものは、素晴らしい出来の作品でも見せる(読ませる)のは、キツイ。
今回、ビルボード77位ランクインで、二週連続再生回数世界1位という、PPAPも実に短い。
真似できそう。易しい(単語3つだし)。キッチュで話題にしやすい(キモカワの部類か?)。つまり共有しやすく拡散しやすい。
短さ、、、一時、軽薄短小は何かに付け批判されてきたが、ナンセンスなリズムがヒトを惹きつけることは確かだ。
先の話も単純な、反復構造をもった話で、馴染みやすく解りやすい。


今回のPPAPのついつい気になってしまう要素は、意識においておきたい。




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: