プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

憑依機械

Mars001.png

生を貶めるものはたくさんある。
様々な道徳、宗教、政治制度、、、
母親、突然現れた昔の友人、、、等々。
他者に憑依する欲動が様々な位相で発動する。
いや、発動し続ける。
ほぼ生きることと同義となって。
マイクロ・ファシストがざわつき、せめぎ合う。

ミラー・ニューロンが告げ知らせる。
これは罠だ、危険だと。
相手が無意識―自動的であることも多い。
機械仕掛けの昆虫を想わせる。
形は色々だ。
しかし少し注意すれば、大概見え透いたものではある。

無意識であったとしても、意図は何なのか?
実は、こちらの方が意識より根本的で強靭であり探りにくい。
単なる利用や虫の良い支配欲、、、
というよりも憑依なのだ。

闇雲な力で憑依しにかかって来るバケモノたち。
彼ら全てに言える特徴は、他者をもたないこと。
自らに疑問がない。
鉄面皮の自己愛。
ことばをこれ以上ないくらいに賎しめている。
ことばの作用に対し驚異的に無自覚である。
法螺を吹き放題吹く。
等々。


常に絶望的に滑稽な風景を引き寄せる。
ここにはユーモアが発生しない。
但し周囲に目つきの悪い監視人がいても気にすることはない。
それらは単なる書き割に過ぎない。
風が吹けばバッタバッタと音もなく倒れて消える。
そんなものだ。


憑かれると疲れる。
体調も乱れる。
思考も感情も感性も、、、
あらぬ熱が身体を蝕む。
あらゆるモノコトが膠着する。
内部から凍結し痛みを生じる、、、。

だが、憑依機械の動きの影をしっかり握っていれば大丈夫だ。
それは繋がっていても作動できない。
寸前で押し留めることが出来る。
後は殺意のコントロールくらいだ。

音楽が最後に助けてくれる。






モンスターズ 地球外生命体

Monsters001.jpg

Monsters
2010年
イギリス
ギャレス・エドワーズ監督・脚本・撮影

スクート・マクネイリー、、、アンドリュー・コールダー(カメラマン)
ホイットニー・エイブル、、、サマンサ・ワインデン(社長令嬢)

ゴジラを見事復活させた、ギャレス・エドワーズ監督による「ゴジラ」のひとつ前の作品。


太陽系の惑星や衛星に探査機が次々と送られるなか、地球外生命体のサンプルの収集などにも期待が集まっている昨今である。
ここでは、NASAの探査機が大気圏突入時に大破し、サンプルで持ち帰った生物がメキシコで繁殖してしまうというもの。
ありそうな設定である。
危険地帯として軍に管理されたメキシコの地区にスクープを狙いに赴いたカメラマンが、何故か現地で怪我を負った社長令嬢を無事にアメリカに連れ帰るまでの話である。

モンスターはメキシコの街に、森のなかに、湖に潜在する。
その生きた全体像は、ほとんど把握されていない。
謎のまま畏怖に包まれ、それは人々と隣り合わせに確かに存在している。
歳月はかなり経っているのに、見た者、カメラに収めた者は数少ない。
それでコールダーもやって来た。(仕事になる)。
死骸はよく見受けられるが、それも滅多に全体像を見ることはない。
暗闇になかに異様な精気と音を感じ、人は恐れ慄く。
巨大な触手に襲われたら最後、助からないようだ。
人々は、こんな生存様式に、すでに慣れてしまっているらしい。
(歴史的に振り返れば、このような在り方を原始のヒトは経験してこなかったか)。

アメリカ国境には、万里の長城のような壁が築かれ、これまた異様な様相を呈している。
自ら篭もり自閉することで、見ること―知ることを拒むかのように。
それは同時に自分だけ助かろうという幻想の試み。
彼らは外部からアメリカの姿をつぶさに見た。

ふたりはアメリカ国境に入った最後の夜、軍の助けを待つ間に現れた、2体の巨大なモンスターの神秘な姿に観入る。
静謐の中に、視線を宙吊りにする名状しがたい姿(フィギュア)とその行為。
厳然たる他者性と崇高さを前に、ふたりは言葉を失い立ち尽くす。

ふたりは、そこに他の何かを、、、。
全く新しい在り方、生の多様性を目の当たりにしたのだ。

異なる「美」の発見である。
(アンドレ・ブルトン調に、痙攣する美とでも謂いたい)。
彼らは恐らく永遠に飼い慣らされない潜在する存在としてある。

「わたし帰りたくない。」
(もう元の世界には耐えられない)。
サマンサ・ワインデンのことばがそれを如実に語っている。
ふたりは魅せられたのだ。
そして他の選択―他の生があることに気づく。



モンスター(エイリアン)としての品位を失わず、最後にピークを持っていった見事な映画である。
各カットの絶妙な映像美も特筆できる。
また、旅の醍醐味というものも感じた。
(旅とは、本来こういうものであろう)。

この作品、、、
「第9地区」「ムーン」「コンタクト」、「エイリアン」などに並ぶ傑作であることに間違いない。


(予算をかけなくてもコンセプトと技術が秀逸であれば傑作が作れるというお見本)。








検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp