プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

美の翳りに寄せて

Sonnenstern.jpg

それは確かにあるのか、あることすらはっきりしないが、ないはずがない自分を揺さぶり、煽る何らかの実体。
美―調和と健全、の翳りに存在するもの。
病、メランコリア、ペシミズム、デモーニッシュなどと呼んでみたところで何もはじまらない。
他にもルサンチマン、ニヒリズム、デカタンス、、、等々。
それらの物語に絡め取られるばかり。

ただ、われわれが厄介だと感じるのは、いや厄介くらいならまだしも、真っ当な生を送れない程にそれに支配されてしまうことであろう。つまりは無意識の奴隷として。

それを構造化して捉え直すことで、翳りを新たなことばに回帰させたい。
言い換えれば、自己存在における不安、という未分化の何者かを有機的に分節する。
やはりそこからしか始まらない。
われわれ個々に課せられた仕事であろう。

それを読み解きたいとか、見易くしたいなどということではない。
紋切り型の象形に還元して安心を得よう(それは無理で、余計に病むことになる)というのではなく、形象を新たに生み出したいのだ。
念を押すが、無意識に揺さぶられるだけの奴隷とならないための仕事である。
ただ、自分のことば、自分の生の現在点を見極めたい。
今を十全に生きるに、必要な作業として、、、

、、、絵画制作は、その一つと成りうる。

しかしそこにおいて美とは、まだ可能なのか?
無論、それは定義の問題ともなろう。
わたしが、ここのところ観てきた絵画で、創造的アプローチをしているものに、同時代性の翳りを見ないものはない。
少なくとも伝統工芸的なもの以外、健やかなギリシャ的調和の美からは、遠いものばかりだ。
しかし、何というか美が手放せない、言い換えれば整合性―象形に最終的に寄り添おうとしてしまう例も少なくない。

フランシス・ベーコンなどは、突端の優れた例であるが、巷の自覚的な芸術においては、どんな水準の作品においても、度合いの差こそあれ、それが窺える。
またそれにおける、葛藤が感じられる。
フランシス・ベーコンのように戦略的方法を見出し、先鋭的に突き抜ける特異な画家はいる。
が、多くはそのような方法まで析出しない。
様々なレヴェルで、彷徨う。

具象的可能性に見切りをつけた画家は純粋抽象を選択してきた。
しかし、多くの作品が、具象的・抽象的を問わず、描いた際から見慣れたものに落ち着いていってしまうのは何故か?
象形化するのは何故か。
認識の度合いなのか?
単なる作者の身体的思い切りの悪さのレヴェルか。
方法の欠如によるところか。

とは言え、それらの作品は美と言うには、少なくとも禁欲的過ぎる。または、神経質過ぎる。
彩度の低い、又は狂乱する原色のぶつかり合う配色で統合より分裂・解体に向かう傾向は似ている。
感情よりも理性がやはり優位を占める。

その共通項はリアリティの追求からくるであろう。
理想的な美の構築・創造が仕事ではもはやなく、神にすがる宗教画は不可能である現在、作家の仕事は、リアリティの追求でしかない。
あらゆる面において齟齬・喪失・不安・不条理が先にある地平において、創造とは不可避的に現実との格闘となる。
勿論、リアリティと言うからには、自分の場所からである。
他の場所のリアルなど原理的ー身体的にない。
であれば、そこだけの形象の切り出し作業が始まる。
類型性はあろうが、独創は不可避であるはず。
後のその部分。
つまり、怪物のままの部分が観たい。
(紋切り型と言い換えても良いが、逆から見ればそれであろう)。



恐らく何故、怪物は怪物でいられなくなるのか?
多分考えるべきはこっちの、方だ。

ここで突っ込んで語る余裕はないため、また後日にまわしたい。


翳りが構造化され怪物として動き出す。
最近は劇画調(コミックタッチ)のポップな象形に堕落するものを多く見る。


それが怪物で有り続けるには、、、。







続きを読む

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界