プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

USB 端子に根本的な脆弱性が見つかったようだ

Duf La Fée Électricité


USBの根幹の脆弱性を狙ったマルウェアの存在が明らかとなったようだ。
USB<――>パソコン間双方向での乗っ取り・書き換え・破壊が可能らしい。
USBを接続する際のデヴァイスコントローラーを狙ったもので、デヴァイス内部に入ったり、ファイルにとりつくというものではない。
デヴァイスコントローラーチップを狙うということからそのマルウェアは、ファームウェアに隠されるものであり、既存のチェックソフトで確認は出来ない。
ファームウェアレヴェルにマルウェアが入り込んでいるかどうかが分からなければ確認できないという。
今現在そのようなものはない上に、仮にチェック出来たとしてもチェックする基本バージョンがない状況。

外部デヴァイスを接続する端子のコントローラーチップレヴェルが狙われると、非常に厄介なことになるという魁か。
今後、USBはどうなる?
これだけ汎用的なものとなっている今。
問題はもうすでにそれが入り込んでいて、乗っ取られているかどうか。
そのへんのチェックも現在はユーザーレヴェルで出来るものではない。

取り敢えず、今後USB機器を接続する場合、絶対に信頼できる機器、ストレージのみにする。
多少なりとも危ない可能性のあるものは挿さないことで身を守るしかない。
まだ大丈夫なものについては。

外に対して開放しているものは、基本リスクが次第に大きくなってきている。
安心して使えるのは、完全スタンドアローンな家のXPパソコンくらいか。
しかしできることは、外部とのやり取りの全くないことのみ。
いや、安全なUSBを介して行うことまで。
メンドクサイ!

わたしの他のブログにも例の馬鹿コメントがとり憑いていた。
開かれた場における弊害とその対策はこの先、まだまだ決着はつかないだろう。




お知らせ 凄いもの見つけました。


ちょっと、凄い演奏のご紹介です。
ダフト・パンクのカバーメドレー演奏。
アコギ二台。リードとベースです。
エレクトロニックをアコースティックに変換するとまた、こんなにカッコよくなる。
もちろん、アレンジの腕次第ですが。
聴いてみてください。
原曲と聴き比べるのもよいと思います。

おっと曲目は、、、
0:00...aerodynamic
1:55...Get lucky
2:48...One more time
3:30...Robot Rock
3:46...Harder, Better, Faster, Stronger


時折、こういうもの見つけますね。
これからは、見っぱなしではなく、貼っていこうと思っています。

そういえば、今でも思い出す、背筋のゾクゾクする、ELPのブレイン・サラド・サジェスティのシンセによるひとり演奏で凄いものがありました。もう随分前のことですが、ご紹介も兼ね貼っておくものだな、と思います。


☆それから、別のお知らせ。
ここにいつも貼っている画像はサムネールです。
画像を細かく確認したい方はダブルクリックして元画像に拡大してご覧ください。
宜しくお願いします。




コード自体を表現とした作家 河原温

KAWARA-1-obit-master675.jpg

コミュニケーションなど完全に幻想となり、ことばやイメージが事物~物と乖離し、コードは破壊されたまま。
われわれの日々にはすでに、生きられる時間も場所もなかった。

事物や出来事を表す表現がすべて意味をなさないのなら、
すべてそれらの言葉を廃棄し、
日本語さえも使わず、
ギリギリの主格と日付で時間を
異なる場所から異なる新たな言語-記号で描き続ける。
日本語と主体を極限まで宙吊りにし、新たに更新し続けるコードそのものを表現として発信し続ける。

日付と
主格


起きた時間とは何か?

(眠りとは?覚醒したその瞬間とは?)

生きはじめる時間
(仮死の時間 瞬間は)

瞬間を網の目で-何らかのグリッドで新たに捉えていくのではなく。

「瞬間そのものとはならない時間、その時間の重なりの層をけばだたせることによって、そのけばだちの隙間へと瞬間を逃そうとする」それによって「瞬間を自分の外に、表現としての自己の外に、蘇生させる。」と平出隆は解く。

自分を消して、イメージ以前の事物-世界を感知できるシステムー方法-表現ということか!

半ば頭がスキットしてきたが、まだ半分は熱射病である。



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp