プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

美味しいバニラアイスに渋めのコーヒー~嵐が丘

BSfrUWHCQAAhOvv.jpg
確かに、バルサミコヴィネガーをかけたら美味しい!だが、濃い渋めのコーヒーも十分美味しい。


生乳たっぷりの美味しいバニラアイスに渋いコーヒーをかけて食べるのがわたしの夏場の趣味である。
間違っても、コーヒーフロートではない。
アイスクリームに少しづつコーヒー入れながら食べるのだ。
これを食べていると、食べていること自体を忘れ、本などを読んでいても集中する。
「嵐が丘」が読めている。

最初、構えてしまい、入りがきつかったが今はスムーズに入っていける。
長時間はとても読むことが許されないため、(3分置きにわが家の双子キャシーが超絶的なお話をしに来るからだ)電車に乗っている間と、娘がベッドに入って寝た後の少しの間だけである。
今、丁度一日の中の唯一ほっと一息出来る時である。

最近、バッグに入れた本が変に押しつぶされ、かなり傷んでしまった。
(弁当箱やジャーががさばるので、ビニール袋に御握りにしているが、御握りが煎餅くらいに平たくなっていたことがある)
座れた時は膝の上でゆっくり読めるが、立って読む場合、本がかなり分厚いため、重い。
しかし早朝本を読むということは、頭にすっきり入り、良い読書であることは間違いない。
本当に気持ちの良い時間の気持ちよい読書となる。

イギリスのヨークシャーの荒野に建つ荒れ果てた館が舞台であるが、ここも廃墟性のある、魅力的な場所だ。
見える廃墟である。勿論、キャシーもヒースクリフも辛い目にあうが、館内の描写からイメージすると、たまらない物がある。
特にジョーゼフ爺さんは渋いしこの館になくてはならない存在だ。まるで暖炉か何かから湧いて出てきた精のような爺さんだ。実際に会いたくはないが、本の登場人物としては実に楽しめる廃墟にふさわしい登場人物だ。

いや、この物語について話すのはあまりに早すぎるし、性急に話すものではない。
まず、読み終わってからじっくり咀嚼したい。
今は、ハーゲンダッツ・コーヒーかけに心を没入しているところだ。
そして本を読む。
一口食べる。
どちらも心地よい。

後、30分読んだら、寝よう。
夢で何処かの場面が反芻されるかも知れない。
わたしの中の「嵐が丘」が少しづつ荒野に出来つつある。
少し甘めの「嵐が丘」かも知れない。
このコーヒートッピングアイスを食べながらだと。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


遺跡とは 廃墟に関するメモ

Destruction_of_Pompeii_and_Herculaneum.jpg


廃墟のもっとも極端な例は、「遺跡」か。
遺跡で考えると、よくわかる。
ギリシャではなく
特に、ポンペイ。

守護神は美と恋愛の女神ウェヌスでポンペイは快楽の都市と呼ばれたという。
海洋都市であり、ワイン作りも盛んであった。火山灰による窒素、リン酸、カリウムが豊富であったため、果物は良く採れた。
街は碁盤の目状に舗装された街路に上下水道、商店や居酒屋、共同浴場、共同トイレなども完備され、ホテルなどの建造物の壁面にはポンペイ・レッドと呼ばれる赤の鮮やかなフレスコ画の壁画が良い状態で残されているという。見事な円形劇場もあり、古代ローマ帝国の文化が極めて良い保存状態で残されている。それは、一瞬にして覆われた火山灰にシリカゲルに似た成分が含まれていたことが幸いしたものであったらしい。これは特に美術品に効果を表した。
古代ローマ帝国の極めて高い芸術性と造形力が、ディオニュソス像などにも遺憾なく発揮されている。


発掘当初、積った小さな軽石や灰塵を取り除いていたら、どうやら中に空洞がある。
そこに石膏を流し込んでみたら、何と鮮明に精細にヒト型が現れた!
空洞は、ヒトの鋳型であった。
ヴェスヴィオ火山の噴火によって突風となって吹き込んだ「火災サージ」に一瞬にして呑み込まれ絶命したヒトの姿(思い)が透明のまま純粋に封印されていたのだ。
ただの肉体的な外形が残ったというに留まらない、300度を超える熱風に晒されたのに衣服の細やかな皺まで残っている。
頭部など精密に3Dスキャンされ3Dプリンタで個性も表情も生々しい男性が再現された。

火事場泥棒が気になり、つい先ほど、家のお金を取りに戻ったところ、一瞬の火災サージに遭遇してしまった。高温熱風による筋肉の収縮が体の捩れ一瞬の記憶にも残らぬような身体的苦悶を表している。
優れた上下水道の設備。浴場、トイレ。安全で衛生的な都市計画。行き渡った高度な技術。分業の発達。商業の繁栄。
まさに人間の思いが形としてそのまま残された、遺跡。

ヴェスヴィオ火山がすぐ間近で大爆発を起こしているのに、この2000人あまりは何故、逃げなかったのか。
又は戻って来たのか?
家の財産を守りたかったというのが大きな理由のようである。
家族・友人とのいつもの生活。
西暦79年。日本は弥生時代。
極めて人間的である。
そして人間は変わらない。
快楽、テクノロジー、芸術の追及。

この人間の不滅の営み。


この永遠性。
これが「廃墟」の属性であり、その究極が「遺跡」である。
生々しい場所の記憶だ。
これほどのものは他の何処にもない。




富士山も噴火間近。何故か300年眠っているが。(かつては30年に一度噴火していた)
山体崩壊して跡形なくなるかも。(富士山消滅)
レッドゾーンの人たち避難方法(防災マップ)は押さえているか?
ポンペイレヴェルの被害は十分に考えられると専門家も口をそろえる。
火山灰被害はもう半端ではなかろう。あのガラスの破片群。放射能もまったくの状態なのに。
ライフラインは必ず止まる。
静岡・山梨・神奈川、、、東京だって、、、。
次の廃墟・遺跡候補は、、、。

MtFuji_FujiCity.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp