プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

キヌアがブレイクです!

kinua.jpg
今大変巷を騒がせている、「完全食品」キヌア。
日本では、受給率0でしたが、最近上野原でメイドインジャパンに着手した模様です。
腹もちもよく、NASAも宇宙食に利用するとか。

かのビヨンセも食べています。
健康的なダイエットや体調管理に適する、栄養バランスに優れた南米産の食材です。
必須アミノ酸をすべて含むということで、女性の注目度は大変高い。
必須アミノ酸は体内では、合成できませんし、それが理想的バランスで配合されていれば言うことなし。
すでに、美容と健康に、ということで盛んに広告が出ていますね。

鉄分、カルシウム、食物繊維だけ比べてみても、白米、玄米とは比べ物にならないくらい豊富です。
しかし、他の穀物と比べ澱粉は少ない。
その詳しい栄養に関しては、こちらのサイトに非常に詳しく掲載されています。
ここから ↓  どうぞ。

キヌアの栄養

レシピにも飛べます。

この先、キヌアを主食とする人が増えていきそうです。
ただ、これで先進国が猛烈に輸入などをはじめると生産国への悪影響が出ますので、そこもよく考えた普及を目指してもらいたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

THEME:健康食品、自然食品、サプリメント | GENRE:ヘルス・ダイエット |

プレゼントの愉しみ ~ 身体の拡張と変質

antiqueshow_dandes.jpg

わたしは物を貰うのがとても好きだ。
物を買うのはもともと好きだが、貰うのはまた違う楽しさがある。
まず絶対自分では買わない類のものがわたしの居住空間に置かれるということ。
これが時折、面白い。


まず、貰うことの効用として、
ひとつに人との繋がりが出来る。

それに物それ自体がとても好き。
なんにでも魅力が生まれてくる。

ともかく面白い形が好き。
そして

「解剖台の上でのミシンとこうもりがさの不意の出会いのように美しい。」
ロートレアモン伯爵のマルドロールの詩にあるような、「デペイズマン」が自然に起こることもある。


というところである。

ちなみに妻は、そのようなデペイズマンを好まず、気が付いたら片っ端、捨てられていたことに気づくことも時折ある。
わたしの亡き父がそうであった。
妻と父が似ているというのも考えてみれば妙である。

物を貰うというのも、ある種の冒険である(危険をはらんだ)。
それがとてつもない物である場合の自分自身との折り合いを付けなければならない事。貰ったからには大切にしたい。
妻ー権力からの視線を如何に逸らすか。其の攻防。

一筋縄ではいかない作業は不可避的に起こる。
わたしが常に忙しくなってしまうのも分かる気がする。
本も読みたいし、フルートも吹きたい、
いや第一、全然絵を描いていないではないか。

以前、知人から大変持って帰るのに重い物を貰った。
とある高校の名前が大きくピカピカ光る文字で深く刻み込まれたものものしい文鎮である!
ちなみにわたしとその高校は何の関係もない。
桐箱に紫の布にくるまれ何が入っているか期待に胸を膨らませていた分、
その殊更重い文鎮を手にし、わたしは危うく卒倒するところであった。
知人はその手の悪戯をするタイプの人間ではない。少なくともわたしより真面目な人物である。
訳がわからぬまま、ありがたく頂戴した。

しかし持ち帰り、書類押さえに使ってみると(本来の用途だ)思いのほか重宝する。
○○高校という文字も大げさすぎて、過剰なメッセージとなりわたしの中でその絵柄は宙吊りとなる。
シュールなオブジェへとそれは変態してゆくのである。

ガラス作家の卵に貰った(それ以前にかなりの高額で作品は購入していた)林檎型ランプもそれとともに環境の異化作用に一役買っていた。


わたしの身体ー想いの拡張や変質は絶えず起きている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

THEME:スピリチュアル・ライフ | GENRE:ライフ |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp