プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

MacBook Airが直ったこと~Mac miniのおかげ?

MacBook Air

MacBook Airが直ったこと。不思議なんです!
例のMac miniの設定が想定外にすいすい進み、さすがMacとか言いながらとりあえずの必要な設定が済み、safariにうつっているとき、Mac miniが急にバチンと消えました。見ると電源が落ちたのではなく、AVGの問題のようで、ヴィデオ信号がモニタに送られていません。しかし、真っ暗なので、電源が落ちてなくても、OSもろとも落ちている可能性もあります。要はSafariの操作中です。急に切れました。
何故でしょう。

Bluetoothもすぐにペアリングでき、キーボードもマウスもなんの問題もなく繋がっていました。これは調子が良いぞと思っていた矢先にいきなりです。
これから外付けハードディスクを設置するところでした。

アー!わたしはここのところ、すべてこの調子だ!
と嘆きつつ、MacBook Airを梱包する前にもう一回電源アダプタを違うところに刺して確認してみようと思い、壁のコンセントに直接つなぐと、バンといって何事もなかったかの如くそれは起動するではないですか?

そういうことなのか?
でも思い返すと、起動しなくなった当初もそういうテストは真っ先にしました。
なんでいまさら?どういうこと?
という感じでいましたら、、、。

Mac miniのおかげかしら、という不条理な思いがこみ上げてきました。
分かりませんけど。
そんなアニミズムめいたことを言い出すと眉を傾げられてしまいますけど。
miniが来たら急にAirが目覚めたのです。
関連付けたい衝動にかられます。

機械の人間化と言うことも逆からみるとありそうなことです。
特にMacからは、何かありそうです。
昔の友人が、ひとりのマックばかり大事にすると、他のマックがへそを曲げて困る、とかいうことを真顔で言っていたのをいまでも印象に残っていて、よく覚えています!?


今後のうちのパソコン環境の流れとしては、
WINの8は買っておこうと思います。これから使うソフトとデータは全て入れておく必要あります。
XPから早く移籍します。仕方ないですから。

Mac miniももちろん、何とか蘇らせたい。
せっかくのMac環境の復活の口火でしたので。

どうやら、パソコンの調子が悪いということは、自分の歯が虫歯で痛いとか、眼鏡が合わない等ということと同義で、自分の身体性に関わる状況です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

THEME:テクノロジー・科学ニュース | GENRE:ニュース |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp