プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

言葉(沈黙)と詩人

池田晶子氏の書籍「君自身に還れ」から、また数ページ分ばかり、内容とその感想を、、、。
というより、触発された言葉をもとに、ほとんどわたしの勝手な見解を述べていきます(笑。
あまりにわたしのテーマに近いので、一冊まるごとこの調子で関わります。
*「」は、すべて池田氏・大峰氏の言葉です。


そう言えば、大学の頃聞いたことがあります。
ブッダのこの話です。「弟子に『霊魂はあるかないか、来生はあるかないか』訊ねられたとき、沈黙で答えた。」
これについて「(ブッダは)相手が本当の問いに返らないから、黙っておく。」という沈黙による回答をした。
わたしははっきり言って仏教は苦手で、禅につてもよく分からない。
しかし内省のない問いが問のていをなさないのは分かります。
それのない問いなど、下らないお喋りのレヴェルでしょうから。
沈黙で答える。
沈黙は「有力な言語」に他ありません。

沈黙という言葉こそが必要なんです。
今は特に。
そして言葉に対するセンスですね。


さて、この本は僅か数ページで、「君自身へ還れ」の核心に到達します!(その先がどう展開していくのか今現在確認しておりませんが)

この世は、「イデアリスムスとマテリアリスムスの二つしかない」
「(フィヒテの要請は)、君の外にあるもの全てから目を向け変えて、自分の中へ還れ。」というものでした。「自分は物質だ、自分とは肉体だと思っている人は、唯物論しか選べない。」、が「自分は時空をはみ出している存在だという感受性をもっている」人は、イデアリスムスを選ぶことになる。
つまり、「詩人でない」か「詩人である」かの違いです。

ついでヘルダーリンは、誰もが、世の中に対し、「功績」を立てることで存在意義を築いていますが、功績以外の「実用性や有効性とは違う次元の生の次元」にも触れていると説きます。つまり詩人としても生きている、ということです。ヘルダーリンは勿論、詩人ですが、人間は全てそうだということです。つまり詩人としての度合いがそれぞれで異なるということでしょう。
そして、功績は水平方向の広がりであり、詩人としての次元は「垂直的精神性」と呼べる精神運動である。確かにショーペンハウエルもそう言っています。

一番ここで重要なことは「人間が自分の力で支配できない次元、詩はそういう次元に人間をつれていく。」ということです。
時間的存在を超脱する場へと。
ハイデッガーに言わせれば、「詩人とは人間と神の間に投げ出された者である。」となります。

それが仏教においては、菩薩こそ詩人であると。菩薩とは仏に向かおうとする人間の姿であるということ。
この点とても納得しました。


この調子で進めると、後10回ではとうてい足りませんね(笑
まだ数ページなので。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

「言葉」に関して~池田晶子氏の書から

CaptureWiz034.jpg

最近、そこそこ古い映画のDVDを引っ張り出しては、観ていることが多く、本をまるで読んでいない。
大判写真集は少しずつ見ているが。
書庫に入ってぼうぜんとしつつ、、、。
たまたま目にとまった池田晶子氏の本を手にとった。
「君自身に還れ」
これは池田氏と宗教家で俳人の大峯氏との対談だ。
対談って形式、面白いんですよね。

パッと見で大変美しい内容だ。
とわかるが、これは買ったは良いが、読んでいなかった。
もったいなかったのかも。
しかしそんな本は5マンとある(笑

のっけから本質的な「言葉」についてのおはなし。

”言葉は、手段ではなくそれ自体が目的だ。”
こんなふうにまとめました(笑
(まだ2ページしか読んでいないのだが。)

自動的にその言葉は詩になりますね。
素敵です。
だれもが詩で交わうなんて。
そんな世界に棲みたい。


以前から私も思っていることですが、言葉が時間とともに自然に変化していくことはよいのですが、
池田氏のいわれるとおり、使われ方により価値は下落しています。
どのように?
まず空間の隙間を埋め尽くそうとするかの如く、しゃべりまくる。
主に携帯で。喋ったほうが得だから。値段が一緒だし。
また、ことばをただの伝達手段としか使っていない。
まさにその「言葉」を伝えたい、という言葉がなくなってきた。
大峯氏も恋文を書かなくなった事を例にとり、携帯で「目的を実現するため」だけにしか言葉を使わなくなったことを指摘されています。
効果だけを狙った薄汚い下劣な言葉ですね。
結果など全く期待しない「言葉」そのもの、、、これは分からない人には全くピンと来ないでしょう。

言葉が安くなってゆく。価値がなくなってゆく。
3ページ目には、「人間とは彼が言っているところのものである」と大峯氏。
この本はこの先さらにどう進むのか?
端からこれですから。
はやくも締めです。

まったく、確かに、話しているその言葉が、その人間です。それ以上でもそれ以下でもない。


3ページしか読んでいないところで、取り敢えず以上です(笑
これからこの本をベースに、しばらくわたしが好き勝手に膨らめつつお話してゆきますので。

「引鶴の空蒼ければ湧く涙」(大嶺顯)

池田氏に送ったうたですね。
46歳とは、あまりに早い。



続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp