プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「相模原の女性画家展」から遠藤彰子の近作について

a_endo2.jpg
今回のお目当ては、「遠藤彰子さんの絵」です。

相模原市民ギャラリーで遠藤彰子さんの絵を見ました。遠藤彰子さんの名がなければまず行くことはなかったです。

1.美術の教科書で見た絵

少年時代の教科書にとても心に残る絵がありました。その絵は、自転車の影が長く延びてなんとも言えない郷愁を誘うもので、キリコの絵を彷彿させるものでした。その他にエッシャーを想わせる建物の階段やバルコニーにまばらにヒトが佇んでいるものもあり、これも妙に心に残る絵で、同じ作者のものでした。それ以降「遠藤彰子」いう作者の名前が記憶の片隅にずっと残っていました。これまでにテレビでもこの作家の別の絵を見る機会がありましたが、そのうち実物を鑑賞したいと思っていたものです。

2.異なる時間・空間の錯綜とダイナミックな融合、、、でも

今回は女性画家展の中の一人ということなので、残念ながら作品は2点のみでしたが、大画面でかなり満喫できました。絵は当時からみると(数年前テレビで見たものからも)かなりスケールアップした感があり、エッシャーのような一点から確認できる厳密な幾何学性でまとめられているのではなく、多方向からの視点により有機的にうねるちょっと内臓を想わせる街(塀・階段・バルコニー等の建造物)が、沢山のヒトもろともに空間を食い破り、時間を次々に乗り換え、螺旋状に空に向かって接続してゆく力強い運動が大画面を飛び出るように描き込まれていました。
足場に困りながらも、見ることはやめられない力のある絵です。まさに作者の力技を見る思いでした。

以前の作品ではあまりヒトそのものは描き込まれずその空間描写に説得力が込められていたように見えましたが、今回よく見るとヒトも一人ひとり丁寧にに描き込まれ、其々の個性や生活が感じられます。ほとんどのヒトの目が構図上の中心にいる太陽の昇っている上空に向けられ、人々の視線を誘うように鳥たちも太陽のいる空の深みへと飛び立ってゆきます。

その方向性はあるのですが、異なる空間と時間が接続し融合しようとする有機的な街は中央部分の手すりにヘソ(はっきりした繋ぎ目)があり、今にもそこから解けてバラバラに分解してはじけてしまいそうな緊張感(不安)も在りました。あれはどうなんでしょう。あそこが滑らかに繋がっていれば絵としてはもっと安心して観れるとは思うのですが、、、。勿論、視点が360度様々な角度から要請されるため、見る側の足場(頭部)は、揺らぎっぱなしですが、いろいろな意味で、「眩暈」を呼ぶ魅力的な作品です。

今回の展示では2点とも大きな建造物の絵でしたが、もう一方はかなりの上空から建造物を見降ろす空間を描いたスタティックな絵でした。わたしとしては先に述べた動的な、上方に向かってゆく絵がとても気に入りました。また渦中の人々も壁もすべてタッチとマチエールがバルチュスを匂わせる確かな描写です。実は今回この絵を見ることで分かった作者の一番の魅力がこの点です。

3.人物ディテール参照
akiko.jpg


4.結局

赤瀬川源平さんが、絵を見るときには、自分がそれを買いたいかどうかという目で見なさいと言っていましたが、買うとなると微妙ですが、このマチュエールで自転車の影の長く延びた絵があれば本気で迷うかもしれません。実際見てみないと分かりませんが。次回作にますます期待してしまう作品展ではありました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp