プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

子供はやはり友達と

BLACK SUN016

隣りの部屋に半日差で入って来た子と一緒にお料理をして食べているという。
寮は朝と夕にしか食事は出ない。

図書館もありそこで、課題も二人でやっているそうで、家では到底そんな気持ちにはなれない。
やはり親元を出て、同年齢の子と生活を共にする価値は大きいと思う。

明日は登校してガイダンスを受ける。
いよいよ一緒に勉強に励む友達、全員と顔を合わせるようだ。
やはり友達が肝心だと思う。

自分を振り返ると、高校時代は女子がとてもしっかりしていて、随分助けられた記憶がある。
高校くらいだと女子の方が精神年齢が高く頼りがいがあるもの。
娘の高校も共学で、寮生は男女同じ人数である。
帰国子女が多いこともあり、きっと面白いのではないか。
まさに流行の”ダイバーシティー&インクルージョン”の日々となりそう。
わたしがそこで愉しみたい環境かも。

違いを前提として似ているところを探すのは面白い。
科学的だ。
発見したことをもとに発展させる。展開する。
創造的で芸術的だ。

そういう人間関係が出来れば持続的な信頼関係も生まれるだろう。
そして詰まらないことから解放されて、ホントの意味で愉しく過ごして欲しい。

わたしも悟りの意味で、すべて忘却しようと思う。
歴史から解かれること。
日々新たに生まれること。

そう猫のように。
きっと猫はそうして生きていると思われる。
うちのトラも「おはよう」以外は何も覚えていない。

sun005.jpg

長女入寮

sun009.jpg

今日、長女が入寮した。
淋しい。
わたしに逆らってばかりいた長女が家を離れ遠くで暮らすとは、、、。
考えられないことだが、家にも、近くに借りたマンションにもいない。

もうピアノの音も聴けない、、、。
静かな毎日が来るのだ。
淡々とした毎日が、、、
次女もこの後に家を出ることになっている。

マンションの彼女の部屋をこれから少しずつ4,5日かけて整理するつもり。
片付けできない女である為凄まじく散らかっていたが、今日はごみを集めて袋詰めにし、ペットボトルの片付けをした。
半分飲んだジュースや水が沢山転がっており、水道に流すのが勿体なかった。
これで寮で集団生活できるかどうか、、、とても心配だが、逆に良い機会であろう。

寮に着いてから整理が大変だったと謂うが、部屋も中の家具・備品も全て新品ということからさぞかし気持ちはよいはず。
冷蔵庫もピッカピカだそうだ。全て新しくされたらしい。
確認後に、モノを所定の場所に収めるでもなく、ベッドでスヤスヤ眠ってしまったそうな。

わたしも一週間かけて持ち物を買いそろえたが、同行した妻が更に40品目くらい着いてから買い足したという。
そんなに何を導入したのか。
部屋が狭くなっていなければよいが、、、。
この後、寮長とも相談し、電子ピアノも入れる予定であるが、、、

しかしまだ少し先がよさそうだ。
オルガンの弾けるコースに入れれば、それはそれでよいが、基本オルガンとピアノは全く異なる楽器だ。
オルガンは管楽器だがピアノは打楽器である。
全く弾き方もタッチも異なるし、ペダルもまるで違う。ましては電子ピアノであるから余計に微妙。
運指の練習用としてだけあれば役には立つかというところだろうか。
様子を見て、少し経ってからにしたい。

還って来るのは大変だしものぐさな娘だからそんな面倒なことはしまい。
恐らく行ったままになると思われる。
心配は心配と謂えるが、海外に留学させた知人もいるし。
まあ、英語が強ければそれも充分ありだ。
因みに長女は英語が苦手。
しかし英語教育にもっとも力を入れている学校に何故か行ってしまった(笑。

どうするんだろ(爆。
自分が決めたことだから自己責任で頑張ってもらうしかない。
隣りに入った子とお友達になって既に出ている課題を一緒にやることにしたそうだ。
ホントはもう終わっていなければならないものなのだが、、、。
夕食の写真を見た。
とてもヘルシーな感じの美味しそうな和食であった。

お風呂が超豪華ホテル並みと聴いていたが、凄く気持ち良かったという。
お風呂が良ければすべてよしである。
夜もよく眠れるというもの。
良い睡眠が一番肝心。
一日を頑張るには、まずはスッキリ・リセットが前提である。

勉強はそこそこで構わないので、気の合う友達と仲良く過ごしてもらいたい。
3年間など、あっという間だ。
うわ、まだ大学が控えているが、、、
わたしは、高校も大学も無意識で入ったので、今回を考えるとちょっと、、、である。
今から心配することではないし、逞しくなってくれることを願うのみ。


BLACK SUN013




自立には遊ぶこと

Moonwalker004.jpg

そろそろ家を出る娘たちは、友達と毎日何処かに遊びに行っている。
コロナ以前は、よく家族単位で出掛けていたが、漸く外に出られるようになったら、親とのお出かけはしなくなった。
昨日は叔父夫婦がお祝いに来てくれた関係で、まる一日家で食事会であったが。
こんなに娘と食事時間を共にしたのも何年振りかという感じであった。
何と言うかコロナ後、初めて人を呼んで談笑しながらの食事会でもある。
その為か妙に疲れた。

今、わたしとしては、彼らが一番噺のしやすい外部の人々である。
2人とも若く、活力が漲っている為、一緒にいて愉しい。
どちらも一流企業で順調に昇進もしている。
この先の不安がない。
何と言うか元気に充ちているのだ。
わたしに最もないモノ。
ここは羨ましいところであり、どうにかしたいところ、、、。

今、娘たちは、今日は映画、明日はディズニーランドとかいうペースで遊んでいるが、独りで外に(長女は寮で)暮らすことに不安を抱えている。期待より不安の方が大きそうにも感じられる。
かと言って何らかの有効な対策を講じる訳ではなく、取り敢えず気持ちを逸らすことに逃げているようにも思える。
せめてゴミの分別処理や片付け、整理整頓を意識するなどはまずは肝心なところであろうが、、、
家に残ったテキストプリント・教科書・ノート類の整理もする気にはなれないみたいだ。
(まだ復習に使う可能性も考えてはいるらしいが。わたしだったら直ぐに捨てる)。

まだ自分で出来る事がほとんどないし、そういった自立に関する訓練をしようと言う意思もない。
生きる力における実質的なスキルを身に付けようという気持ちが特に持てないでいる。
そういう段階ではないという気持ちもあるのか。
それを甘えで括ってよいかどうかも、こちらも判断がつかないでいる。
だが彼女らに、家族と離れて生きたい意思は強い。
「外」というより、まず離れること、であろうか。
生活が出来、周りとの円滑なコミュニケーションが取れるかどうかは置いておいて。
取り敢えず、離れてという気持ちだけで、具体的~実質的に方法や手順などを詰める気持ちにはまだなれないのだ。
確実に自立への一歩とは思う。

だが不安も拭えない。
具体的に実質的なバックボーンがないため。
取り敢えず、こうして毎日のように友達と外に遊びに出ている事だけでも他者との関りは多少は身について行くか。
外に出るだけで、想定外の接触、感覚的な刺激はある。
新たな受容と発動。この契機は外に出なければ生じない。
こちらの思惑と彼女らの気持ちの辛うじて接続する部分だ。

このまま徐々に離陸するしかない。
今日は実に変な映画を二つ観てしまった。例によって書きようがないほど詰まらぬモノ。
詰まらないものに引っ掛からないようにするか、そこにも面白味を何とか見出して行こうとするか、、、。
彼女らもトライ&エラーでやって行くしかないのだろうな。


自分の部屋でやってもらいたいことがひとつだけある。
読書だ。
一時だけでも電子ツール・アイテムから離れ、紙ベースの本を是非読んでもらいたい。
ローッテックにこそハイテクを超える感覚に溢れている実感がある。
他者や周囲との繋がりも基本生身の感覚だ。
そこを研ぎ澄まして欲しい。


Moonwalker002.jpg




片付けシーズン

moon001.jpg

この時期、ガラッと生活形態が変わり大方付けすることはある。
ただ1年から2年へ進級などという場合と、中学から高校へ進学とは随分状況が違う。
特に家を出る場合、ほぼ全てきれいさっぱり片付けないと。
これまでのものは、取り敢えず処分。
その他、生活に必要なものをまとめて持って出る(持って行けるものについては)。

とは言え、独りで住むに当たり必要なものは、山ほど出て来る。
わたしはまず長女用に1週間かけて買い物リストを作り、買い集めた。
個人的な趣味に関わるものについては、当人に任す。シャンプー、リンス、トリートメント、ハンカチ、タオル、バスタオル、カップ、スリッパ等々、、、。その他は新たに買った。
その間、もう必要ないモノ、特にテキスト、プリント、ノート類の整理と処分をやっておくように伝えたが、全く動かない。
要らないものを入れる袋を用意し、ここに入れてと言ってあるのだが、、、。
やだ。の一言。どうするつもりか、これから相談である。

家の女どもは日頃から気になっているのだが、全く整理整頓、片付け処分が出来ない。
何処にも置いたまま、放り出したまま、でいる。
結局わたしがいちいち拾って歩くことに。
洗濯、干しもの、掃除、猫の世話、亀の世話、買い物、これだけで一杯になる場合もある。
それに加え、進学オプション、、、そこにもってきてあまり気の進まぬ映画も観て、、、は考えなければ。
「ゴジラ-1.0」は観たいが。

最近は、何処に置けばよいか分らぬものについては、空いた次女のベッドの一階に置いておくことになっている。
長女は、もう3年前にベッド一階を卒業し、わたしが以前使っていた部屋のキングサイズベッドを遣っていたが、ここほぼ一年は外にマンション借りてそこを全面的に使ってきた。3LDKあれば家族4人でも暮らせるところ。因みに2年間だけわたしが外に借りていたアパートは、ワンルームの天井がやたらと高い、中二階のついた独り者のもの。天井にランプが付けられず5000円支払いつけてもらった。出る時にまた同金額取られるため、置きっぱなしにして出たのだが。LEDのシャンデリアっぽいやつで気に入っていたが家に持ち帰ってもどうにもならないし。
ふたりともわたしのはいっていたところの3倍かかる。これからが大変。食費や上下水道、ガス電気などの光熱費も含めるとどれくらいかさむか。大体の試算はしているが、恐らくそれ以上だろう。

しかし2人がいなくなると家の中は閑散とするのも見えて来る。
大変淋しくなるはず。
だいたい、ピアノの音も聴こえなくなるし。
喧嘩もなくなる。これはホッとする方が大きい。
向うで電子ピアノ弾くから買ってくれとは謂われている。
それは約束だから買うが。
部屋も充分広い為、入れることに問題はない。ヘッドフォンつけて演奏する分には。
ただ片付けが出来るかどうか、家で出来た事がない為、それが心配。
いやそれ以上に、他人の中で如何にやって行けるかである。

まあ、家からは通えない距離なので独りで頑張ってもらおう。
これを良い機会にしたい。

明日は妻の兄の子夫婦が訪ねて来る。
進学お祝いだ。
前回は外の店で行ったが、今回は家でやることにした。

moon02.jpg




さてこれからが問題

Moonwalker002.jpg


ほぼ思考停止で、、、
毎日、2人の娘の高校に提出する書類書きと寮に入る為の必要なモノの買い出しに時間を割いている。
費用も異様に嵩む。寮の一か月の費用は、わたしが以前2年間だけ外に借りていたアパートの3倍以上かかる。
それが2人と来た。計算すると眩暈がする(嘘。
双子はいつもかかる時には、どっと来る。これは毎度のこと。
最近は特に、オシャレ、ファッションにも急に興味が湧き(自然だが)しょっちゅうその手の買い物に走り、、、
中学時代の友達と別れを惜しんで、映画やディズニーランドやカフェやレストランやお買い物に出歩いている。
別にいいけど、、、。誰もそうしたものだろう。

わたしは、家で昼寝して掃除して買物に行って、最近は皆が外食して来るからここのところ食事は作らない。
乃木坂や桜坂が蓋にプリントされているカップスターを幾つも食べたか、、、。
家族が食事しないのなら、わざわざ作る気力も出ないしめんどくさいからカップものやレトルトもので自分の食べる分は済ませることが多くなった。
カップスターの如何にもカップものという感じのジャンクさ加減にちょっと嵌ってしまった。
何かサイバーパンクな味なのだ?いつまでも止まない酸性雨でスープ作ったみたいな。
蓋の裏側のメッセージも如何にもジャンクものという感じでお気楽。極楽。

娘に作るときは野菜と肉の分量を考え、栄養価の高いものをと心掛けるが(彩も含め)、自分独りでビーフステーキやっても何だかね。
とは言え、ジャンクフード食べていても変な感じがしてくるし、、、
そこでたまたま割と好物のイチゴとメロン、マンゴーなどのフルーツ食べると何やら救われた気がするのだ。
それに気づき、それらのどれかを意識して食べるようになった。
購入しやすさから、イチゴの時が多いが。
何であっても救われたい(爆。

StrawberryMoon001.jpg

娘の方も直ぐに、入学前のクラス編成を兼ねた習熟度テストが控えている。
長女はついこの間まで、卒業式の校歌の伴奏練習に集中していたこともあり、今は糸が切れたタコみたいに携帯ゲームを呆けた顔でやっている。これでは、落ちこぼれクラスにならないか。5教科で得意なのは数学だけなのだ。
将来オルガン奏者になりたいらしい。
わたしの以前関わったことのある音大教授が退職時に、3階建て自宅をぶち抜きパイプオルガンを設置したことは知っている(写真で確認しただけだが)。そんなことをするくらいになれば良いが(自分でやってね)。

次女は完全にアニメオタクであり絵を描くのが一番好きだ。
ここはわたしと似ている。
しかし2次元の人間であり、ホントに2次元思考である。
この先、どうなるのかサッパリ分からない。
友人に左右される人間でもある。その分心配。YouTubeに音楽上げている友達のアートワーク頼まれたと言っていたが、その辺から入って行くのも素敵だとは思う。
どうするつもりなのか。国語が得意だから、何とかなりそうにも思うが。


ただ、これからが更にスケールアップして大変にはなりそう。
一所懸命に打ち込めるものを見つけてもらわないと。

darkmoon.jpg

書類書きがめんどくさい。







一歩も外に出ない

Moonwalker002.jpg

わたしも流石に一歩も外に出ないということは、珍しい。
次女は、何故だか友達と都心にまで出かけて買い物を沢山して来た。
最近姉妹でよく服を買う。
まあ年頃である。お洒落に気を遣うくらいでないと心配だが。
いやオシャレでなく、身だしなみでよい。
そっちばかりに気が向いても困る。

高校の件が一段落して、友達と映画を見に行ったり、食事に行ったり、ゲームをしたり、、、
確かに今の友達とは進路が別れていて、もう学校で会うという事はない。
今のうちに一緒に何か愉しんでおきたいと思うのは分かる。
実際、新しい環境に行けば、友人関係も新しくなり(刷新されればなお良い)これまでの付き合いは自然消滅することが多い。
わたしもそうだった。
中学時代は友達もかなり出来たものだったが、高校以降に彼らと会ったことはない。

moon001.jpg

何と言うか、友達とは、学校という場の要素なのだ。
放課後や休みの日も勿論、学校という場の延長に過ぎない。
学校を離れて(新たな場に属して)独自に会うというのはまた別のこと。
余程の特殊な関係性を結んだ場合に限る。
一緒に何かを制作するプロジェクトを作ったとか。
そういう繋がりは、学校より結びつきは強い。

次女の友人が音楽制作を進めており、そのアートワークを頼まれたとか言っている。
わたしも最初期の音源を聴かせてもらったが、きらりと光る才能は感じた。
ただインテリの勉強家であることから、巷の音を聴きすぎて勉強し過ぎる事で資質を潰してしまわないかと心配になる。
アイデンティティなど一切気にするものではないが、ピュアな譲れない拘りは大事にして欲しい。
それを元に突き進めば良いと思う。

次女も他人のふんどしで才能が開花出来れば言う事なし。
この件は頑張らせたいのだが、本人はどれくらいのやる気なのか、顔を見ても分からない(爆。
ともかく、今の堕落した状況は何とかしたいものだ。
何をか実効性のあるイベントに熱中させたい。

そうすれば生活にも張りが出る。
そう考えると、わたしは現在、実に低空飛行であることを実感するばかり、、、。
自分がまず何か吹っ切らないと。
もっとビビットに生きないとね。

明日は取り敢えず「はちどり」観るつもり。有料で(笑。
それから考えたい。


moon.jpg








長女の机

sun009.jpg

長女の新しい机が送られてきた。
時間差で二回に分けて送られてくるのだ。
たまたまわたしが午前中に来ていたからよかったもの。
こんなデカい荷物受け取り手がいなかったら厄介なことだ。

長女は午前中は部活でいなかったため、夕食前にゆっくり二人で組み立てをした。
反抗期の娘と静かな手作業となったものだ(笑。
余計な口は一切聞かない。部品を手渡し、片方を支え、ねじをとめ。淡々と進める。
懸念していた本棚スペースも妥当なところで、LEDランプも丁度よい加減であった。
この組み立て、机を置く部屋でやらないと後が大変。場合によってはそこに運び込めなくなることも(爆。

風水で観て、一番勉学に集中しやすい場所~向きを選んだ。
(それから妹と完全に違う空間で過ごすことを前提とした。そうしないと喧嘩ばかりしている)。
実店舗で良いものが選べれば、運び込んだところで直ぐに設置場所で組んでもらい、古いものを引き取って貰えるのだが、今回は良いものが見つからずウェブ上で探して選び、ポチっと押してしまったものだから、パーツが運び込まれてからが大変なうえ、古いものを下に降ろし、お金を払って取りに来てもらうこととなる。力仕事はしたくないが、せざるを得ない羽目になり。しかも取りに来てくれるまでが大概10日から2週間はかかる。その間、庭先に間の抜けたオブジェを暫く野晒しにしておくこととなるのだ。実に面倒で鬱陶しいことに。

でもまあ、これで勉強に身が入るのなら言うことはない。机にまずは向かってもらわないと、、、。
スペースの関係上、ノートパソコンは15インチのモノから12インチの流行りのGoogleChromeのOSのモノに変えた。
わたしもサブで13インチのubuntuのOSのノートを使っている。主に映画は24インチのパネルで観て、このブログはubuntuのfirefoxから打っている。MacOSとWinも10と11もあるが、必要なアプリケーションとユーティリティさえ使えれば何でもよい。
(但し、アップグレードしたWin11が些か不安定)。

さて今学期彼女らは、頭の3日間は学校をお休みして沖縄旅行となっている。
昨年はオーストラリアだったから、行くときに行っておいた方がよいと思っていたが、沖縄なら特に、、、と思ったが、外出の機会も少なかったからそれもよいかと思う。いつもながらわたしは、シャトルバス乗り場までの送迎係で、家仕事をその間やっていることになる(カメのエサやりと多肉の世話、そして家事一般)。だが、いずれ沖縄から更に飛行機で宮古島に飛び、そこからレンタサイクルで自転車を借り、来間島大橋を渡って来間島の奇麗な海辺でのんびり過ごしたい。この時はわたしも行く。

まずは、勉強机である。帰ってきてから、しっかり勉強に励んでもらいたい。



moon.jpg


安寧をデザインする

sun005.jpg

NHKの「デザイントークス プラス」”安寧”を観た。


インスタレーション~スヌーズレンでも以前書いてみたが、、、
五感を研ぎ澄ませて自然に対し身体感覚を呼び覚ますことが、こんな時期だからこそ、肝要だ。
生活自体を見つめ直す。
そして何らかの働きかけをすること。
~デザインする~

五感で自然を受け止める「装置」を作ること。
(インスタレーション~スヌーズレンのような大掛かりで共同体向けのものではなく、ごく個人的なレベルで)。
古くは風鈴などがあった(今も夏の風物詩であるが、、、本来「鐸」であり風の音連れを知る装置だ)。
絵を描くときに落ち着くのもこの作用であり絵を描くこと自体が装置の稼働となる。

自然の見方を変えてみたら、というコーナーでは、やはり身体的な働きかけから始まっていた。
環境に向き合い、ちょっとしたスウィッチをまず自分で入れること。
やはり身近な環境のスケッチをしたり、必要な道具を作ってみたりする過程で新たな見方が生じる。
知覚(志向)~認識の片側(の場所)が生じると同時にその片側も生まれる。ゲシュタルト~全体性が現れる。
ここではランドスケープデザイナーやアーティストが幾つものヒントを出していた。
異化が起きる。
遊びも生まれる。
そう、落ち葉のフカフカの小山を見たら、それをクッションに見立てて腰を下ろしてみる、くらいのこころの余裕であろうか。
何かが変わる契機というのは。

意識のデザインをすること。
お寺の住職が精進料理を作っているところを見て、もっと料理自体に向かう意識を細やかに押し広げる必要を感じた。
(こうした風景を見るといつもそう思うのだが)。
素材に対して、調理~素材の変化に対して、、、。
光の反映を見ているだけで実際、意識のデザインが可能だ。
最近流行りの窓が壁面には無く、屋上の天窓から採光する住宅など特に光の変化で自然を微分的に味わうことが出来る。
特に雨後の気象における光(と影の織り成す繊細なパタンの動き)の雄弁さなど。
意識の強度が違うはず。

浮力や重力や磁力を自然物と人工物を用いて模型的に可視化するデザイナーの作品は印象的だった。
物理現象~力を極めて単純な形にまでそぎ落とした要素の動きで愉しく見えるものにする。
単純な形の紙片による大変面白い動きの世界だ。
ここまで透徹した作品は清々しい。
重力そのものを可視化したようなオイルの中を落下し続ける水玉など秀逸であった。

自然に五感と感性を解き放つこと。
これを忘れると人は狂ってしまう。

絵を無意識的に描こうとするのも、そんなところから来ていると思う。




moon.jpg



お留守番

moon005.jpg

妻が娘二人を連れて伊豆旅行に行った。
いつものパタンで、わたしが彼女らを駅まで送る。
そのままわたしも暫く公園でボーっとしてから帰ることもあるが、、、
今日は、家で色々と雑用がある為、直ぐに戻りお留守番である。
ホントに、わたしの毎日の変化は乏しい。
(食べ過ぎの毎日(爆)。

今朝早く、三人で喧嘩しながら出かけたので、心配だがいつものことでもある。
ホテルで美味しいものを食べれば、取り敢えず落ち着くはずだが、、、。
行くまでが距離も(時間も)かかり大変だろう。
案の定、愚痴が送られてくる、、、。
旅行に行っておいて、文句や苦情を訴えられてもいい迷惑(苦。

次女がLINEで動画と写真を送ってくれるので、それで何となくどうしているのかは察することはできる。
旨いものは食べてるらしい。
彼女の情報は、いつも場所~イベントと謂うより、食べ物情報なので、流れやスケジュール的なものは、見えてこないが旨いもの食べているのなら、それでよしとしたい。

夜のディナーと来た。ホテルの食事は見た目も豪華だ。
なかでもデザートが凄い。わたしはそこに目が行く。
(ステーキも柔らかそうで旨そうだったが)。
何やらキラキラしたフルーツゼリーみたいなのとプチケーキが幾つも並んでるのを見ると、こちらも何故か嬉しくなってくる(笑。

温泉にゆっくり入って、二人とも綺麗な浴衣姿になっていた。
明日は、何を見て何で遊ぶのか、聞いたけど忘れてしまった。
明日のLINEを待ちたい。
わたしも今日は、いつもよりゆっくり風呂に入っていたので、とても眠くなった。

おやすみなさい。


moon.jpg




環境づくりをしてみて、、、

moonbow.jpg

いらないものが次々に発見されるのだ、、、。
つまり、何かを意識的に意図的に作り始めると、ただ何となく置かれたものが実に多いことに気づく。
自分にとってプラスに働かないモノがかなりの度合いで環境を形成していることが分かってくる。
勿論、違う形で再利用の効くものも少なくはない。

取り敢えず、心地よさをひたすら求めて作ってゆくが、同時にかなりのモノを片付ける必要は出てきた。
(ゴミに出すのは忍びないものもある)。
何であっても、心地よさ、使い易さ、解放、、、を目安に進めていくだけ。
(そして凝らないようにする、、、わたしは何かと、やり過ぎてしまうところがあるため)。

取り敢えず、半分くらいのところまで来た気はするが、、、
作業を進めるうちに細かいところの変更は出てきて、また新しい材料も必要になって来た。
電球と植物と香りと容器の微調整をしたい。
明日は娘と、間に合うものを見つけに、出かけることにする。

帰りにまた蕎麦でも食べてきたい(笑。


では、おやすみなさい。



moonbow003.jpg



スヌーズレン環境を作る

Moonwalker002.jpg

家の書庫と風呂場をスヌーズレン環境にしようと思う。
今日はそのための材料をあちこちに買いに行った。
おまけに鬼滅の刃の珈琲缶が欲しいと娘に言われ、それも探しに行った為、結構疲れた。

兎も角、、、

ゆっくりと落ち着くこと、、、。
これが一番大事である。

今の時期に一番フィットした生活となる。
それには、スヌーズレンを、、、。

明日から実際の作業をしたい。



今日は死ぬほどつまらぬ映画を観てしまった、、、。
感想は書けたものではないので、お休みとしたい。


ついでにお休みなさい(笑。


moon.jpg

ここ最近、買い物ばかり、、、今度はミシン

mishin 001

買い物はいつだってウキウキするものだが、予算の問題もあり結構大変。
昨日は昨日で色々と買い物(ほとんどが故障の~何故か物は同時期に壊れる~為、買い替え)をしていたのだが、、、
、、、お買い物は、選んでいるときが、一番楽しいものかも(笑、、、
そうした仕事がいつものルーチンに割り込み、自分の課題~策略がほとんど進まない(これには相当な集中も必要)。
30分のブログ書きにも支障を来す今日この頃(「映画」の場合は、それプラス鑑賞時間とティータイムを取る)。
昨日は完全に暇なしとなった。ブログお休み、と必然的にあいなる。
考えてみれば一か月ぶりのお休みであった(時間の編集作業をしていた気がする)。
何とか必要な物は買い揃えたが、今日になってまた入り用なモノが出てしまう。

娘が課題の縫物を家でしようとしたら、何とミシンを捨ててしまっていたことに気づく。
修理に何度も出しているうちに、どうにもならない代物となっていたそうだ。
(修理代と出張費がかさむだけという状況であったらしい)。
わたしは、ミシンがなかったことを初めて知る。
長女は、何かやり始めるとかなり集中して没頭する。
以前、ミシンでひたすら縫物をしていたことを思い出す。
何れにせよ、家に一つはあった方が良い。

そこであれこれ探すうちに、何と3万円以降のものは、機能的に殆ど差がないことが分かる。
あとは、パワーの差みたいだ。
(わたしは、当初、ぼんやりと機能の差が値段になっているのかと思っていたのだが)。
勿論、フットコントローラーを付ければそれなりの値になるが。
娘が宿題に使うくらいなら高いモノを買う必要もなさそうだ。

3大メーカーがあるが、安定感狙いで(厚手のモノを縫いたいときも考え)Ju○○のモノにした。
まあ、ハイエンドものならどこも差はないであろうが。
ミシンが来るまで、すぐお隣の御宅で取り敢えずの課題を(途中まで、使い方学習も兼ね)やらせてもらうことにした。
毎日使うようなものなら無理だが、お隣もたまにしか使わないということなので快く貸してもらえた。
新しいタイプだそうで、今度買うものに基本的に近いに違いない。


わたしは、コンピュータミシンというものを使ったことがない、、、
子供の頃、足でバタバタ漕ぐ?タイプのモノは使った覚えがあるが。
何か面白そうな気がして来た(聞くとこれまで家にあったものもコンピュータものであったらしい)。
わたしは家で、そもそもミシンを使った試しがないのだった。
丁度よい機会なので、わたしも何らかの造形作品にチャレンジしてみたい。
まずは、娘の宿題からだが(笑。






”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界