PICKUP
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

BASHAR―ⅲ

th.jpg


相変わらず、地球上は「調和」がとれていない模様です。
統合・融和ではなく分離・分断現象ばかりがニュースでは流れているようです。


”物質が光になる努力”、、、(ノヴァーリス)

BASHARは一切の努力は無用と言っていますが、地球の文学者にもこのような人もおりました。

アトランティックやマヤなどの古代文明は現代の文明より進んでいたそうですが、そのへんの情報もBASHARを通し入って来てはいました。余裕があればご紹介します。

BASHARは一般の人向けのチャネリングをおこなっている関係上、物理的なQ&Aの記事はごく少ないです。そのなかから物理原則を意識して語っている部分を大雑把にですが、ご紹介します。物理的な常識に対して、それはまだ科学の不十分さからくる認識なのだという指摘があります。


「光の本当の速度」
光の速度は無限である。
毎秒30万キロメートルというのは、地球人の物理次元で知覚できる限界。そのために定数となっているにすぎない。光の中の要素で30万キロメートルが物理次元で知覚できる限界だが他の部分がある。

いま地球人がフォーカスしている宇宙の部分は、光を部分部分において計算することはできる。しかし、科学者が意識そのものを方程式に取り入れない限り、それ以上の理解は不可能。

すべての原子はひとつの同じ原子で、同時にマトリクスとして具現化している。つまりホロニックなマトリクスとして。

一つの点はすべての他の点もその中に含む。
宇宙とは常に、情報がホロニックに配列されたもの。それが意識そのもの。

スーパー・ストリング理論の正確で素晴らしいところは、パラレル・ワールドを定義する数学の部分。

地球上でも意識が現実世界を創っていることに気づき始めた科学者がいる。


*この時期に物理学者(ブーツ・ストラップ理論)フリッチョフ・カプラ氏が述べていたこととかなり重なります。
特に、「ミクロコスモスのみならずわれわれの日常世界も安定したバランスによる振動が介在している。」「粒子は必ず他の粒子も含む。」「定数は一時的にしか基本性を発揮しない。より洗練した理論に進むとその定数は相関する全体に巻き込まれてしまう。」「素粒子をホロニックなマトリクスととらえている件。」「物質と脳のパターンの関係が鏡像関係にあるならば意識を数式に入れなければ成り立たないという件。」「部分は常に全体を内在している(デビッド・ボームを引いて)。」「パラレル・ワールドの存在に関しての評価。」「物事を分割しすぎた悲劇や、素粒子の数が増えすぎていることに関して異を唱えている件。」「基本粒子を作らないという基本姿勢。」等々。



「部分と全体―全体の無限な反映」
BASHARは常に個々の人間もこのように無限の持つ一面と説明する。

より強調または統合された行動を起こすとき、その無限、全体をより反映している。




「物理次元でのワクワクのメカニズム」
存在の波動が高くなるとワクワクする。すると同じ波動のものを引きつける。
その波動は意識において最も強く感じている観念によって決まる。

今の現実に対し、問題があれば自分が何を信じているかを確認する。
そこが変われば波動も変わり、現実が変わる。

これは物理の原理である。機械的にそうなる。

あなたの与える物があなたに返ってくる。という基本原理。

後はワークショップがとても役立つのでは。
就職後、考えてみたらまともに本は買っていないわ、読んでもいないということで、昔の本を引っ張り出して環知れた部分を思い出して述べています。
*フリッチョフ・カプラ氏については「タオ自然学」及び「ターニング・ポイント」(工作舎)
スタニスラフ・グロフ(精神分析において)も同様の思想を展開しています。あとデビット・ボーム「部分と全体」。

ブーツ・ストラッパーの最新の成果を今度久々に読んでみたいと思っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

BASHAR-ⅱ

ufo.jpg


ネバダ州の「エリア51」についてアメリカ政府(CIA)が存在を公式に認めたそうです。
矢追さんもこっそり取材に出かけて行ったら、ヘリから撃たれそうなったという、秘密基地。
といってもあれだけ広く、誰もが知っていて映画まで作られていて、いまさらありますって言われても、、、。

ロシアではまた最近になって例の宇宙人のミイラがとりざたされているそうです。
UFOに関する情報など公表されるのでしょうか、と思いきや
公文書では、原爆の運搬の方法を開発していた。
冷戦時代、世界を監視していた基地である。
UFOとされてきたのは軍事用気球、で宇宙人と言われていたものはテスト用のマネキンであったとか。

アメリカ国民は全く信用していないようですが。

情報が隠しきれなくなったためディスクローズしたと。でも嘘だと。

この時期何故、などと言われていますが、シリア問題などと絡んできますかね。
これまでも”UFO”で人々の目をそらすことはたびたびありましたし。
宇宙ブームとかが突然来た訳ではないでしょうし。
日本ではイプシロンの開発(完成)で少し色めきだっていますが。
発射しましたっけ?


前置きはここまでとし
ここでは、宇宙存在BASHAR について触れます。前回、言葉の問題をわたしが強調しすぎてしまったもので、もっと素直に確認しておきます。すんなり受け入れられれば問題ないのですが。次回は刻々と変わってゆく物理学上の彼の見解についてもご紹介します。

公開チャネリングの記録から、
オーバーマインド:BASHAR  チャネラー:ダリル・アンカ

”BASHAR 1” 1987(株)VOICE 刊 (2~3も出ています)

BASHARの基本的に説いていることから幾つか。(他については次回に続きます)


「地球という惑星の特異性」
いろいろな文明に出会ってきたが、これほど何に対しても制限・条件の多い文明ははじめてだ。このような文明に接触する場合、非常にデリケートに接しなければならない。
この惑星では、何千年もの間、何かを身につけるには苦しんで苦しみぬいて学ばなければならないという観念が充満している。
さらにこんなにたくさんの観念がひとつの惑星に存在していたこともはじめてだ。
自分と無限(自然)の間に細かい観念を置きすぎてしまった。細分化しすぎてしまった。そのため訳がわからなくなっている。(何故一生懸命、誰もが自分以外の人間になろうとするのか。)
それらを網目とするとわたしたちはその網目を破ることはしてはいけない。そのため、その網目の上にアンテナを出した人たちとコンタクトを取ることにした。


「意識が現実を創ることについて」
現実とは自動的なフィードバックシステム。自分が今、一番欲しいと思っているものを見せる。あなたの中にあるものを反映して見せるために現実がある。

しかしその想うということが実は難しい場合がある。しかしそのままほおっておくと、否定の連鎖が生じ状況は悪くなるばかり。頭では分かっても、そう信じきれないなどは、頭と心が別だと信じているからであり、その定義付けを変えることが大切。心の奥底から肯定的な思いを巡らせれば100%その現実が実現する。例外はない。

あなたがたが意識的だろうと無意識的だろうと自分の現実は自分が作っている。

この数千年の間地球の人間は苦しまないと先には進まないと教えられてきた。いま、意識を拡張した別の在り方が内部からも模索されている。いま地球は変革期に入っている。

すべての苦しみ、痛み、病気は自然な本来の自分成ることに抵抗する過程で生まれてくる。

分離ではなくバランスをとった統合によって進化は進む。このバランスをとるのにまず「感情」が役立つ。知識と思考パタンと感情のバランスがとれること。


「時間は幻想であり全ては同時に起きている」

意識が物理次元に焦点を合わせるとき、時間と空間の枠に当てはめる。

あるのは現在の存在のみ。毎瞬、毎瞬、今しかない。

すべての人生はいま起きている。



「パラレルワールドでの生活」

誰もが同時に異なる次元に生きており、相互に影響を受合っている。イメージとしては、多面体を想えば良い。それぞれの自分はそれぞれの面であると。

過去世の生活。未来世の生活。別の惑星での生活。などすべて同時に送っている。(まさしくsynchronicity)


「ワクワクのメカニズム」

自分が自分である時の波動状態がワクワクの時ということ。ワクワクに沿って物事を進めれば努力せずにやるべきことを成し遂げることが出来る。創造的な波動の状態。

ワクワクの波動が必要なものすべてを引き寄せる。素晴らしい偶然が起きる(実は必然だが)。自分のやりたいことが努力なく成し遂げられる。

ワクワクと同じエネルギーをもったものに恐れがある。恐れは否定的な力(自分が魅かれるエネルギーを疑う力―否定的な定義付け)であり、それに見合った現実を引き寄せる。


「イマジネーションの重要性」

否定的な現実に遭遇した際、これを肯定的に受け容れることはできないかとイマジネーションを働かせる。これまでに教えられてきた事象に対する価値判断を捉えなおす。これは単に中立的状況で、ここからいくらでも肯定的状況を導き出せる。そのようなイマジネーションを常にもつ。

否定的な現実にあるとき、同じことを違う方法で学べないか、イマジネーションを働かせてみる。「ねばならない」社会の要請ではなく、自分に自然に流れ込んできたアイデアに耳を傾けよ。

退屈な状況は存在しない。退屈な意識は存在する。

混乱や困難を引き起こすのは期待である。こうあるべきという考え(古くからの教え)である。

宇宙でただ一つ一定なものは「変化」だけ。

自分にとって一番役に立つやりかたが、あなたのやり方。あなたが変化したらまたそれにあったやり方を選ぶと良い。やり方は人の数だけある。イマジネーションは常にそれを供給する。


「自分自身を信頼すること」

現在の自分を楽しめば愉しむほど、本当になりたい自分にすぐなれる。本来の自分となり、自分が統一性をもって自然の行動をとること。宇宙はあたたを見つけてサポート出来る。(本来の自分自身であることのお返しとしてすべての豊かさがあなたに返って来る)

変化はリラックスした時に一番起きやすい。

豊かさとは自分のやりたいときにやりたいことができる状況。

あなたたちはもともとすべてを知っている。今はそれを思い出す段階に来た。

罪悪感-自己否定が愛の反対語である。ほんの僅かな否定でも人格を抹殺することが出来る。自分の肯定できるところを信頼し愛すること。

わたしが言うことをあなたたちが身をもって証明してください。わたしたちはあなたがたが本来持っている力に気づく環境づくりに来た。わたしたちを決して頼ってはいけない。


「波動について」

この現実はすべて波動からなる。波動が現実化したものが物質である。
場所を移動すると波動も違っている。動きという幻想を創るために自分の周波数を変えている。動くとは固有振動数を変えること(動くから波動が変わるのではない)。周波数の変化は意識によりなされる。

自分自身でない波動は体験できない。(自分が発する最も強い波動が現実化する)

波長を上げるとわたしたちと顔を突き合わせて話が出来る。そしてやがてあなたがたもわたしたちのように、食べたり眠ったりする必要が無くなる。さらに波長が上がると、肉体そのものが必要なくなる。



「猫」

物質レベルから非物質レベルへの変化の象徴。
この両世界について良く理解している。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

BASHAR

th (1)


チャネリング
チャネラーを通してオーバーマインドの話を聴く。ここではBASHAR チャネラーはダリル・アンカというひと。



わたしも時折、意識が別の次元に行くことは反省的に確認できます。
とても色濃い幻を見るように
そこではっきりわたしが何かを確かにするのですが、この日常の時間流に戻ると忘れています。
今ひとつチャンネルの切り替え方が分からない。
自在に行ったり来たり出来ない。

名前を忘れてしまった音楽を聴いたときにもスイッチが入ることはあります。
不安に耐え切れないほどの巨大な大河が夕日に7色に煌きながら眼前をゆっくりと流れてゆく。
ふと名前を思い出したと同時に戻っている。
ことばが覆い被さるととたんに夢から覚めるように
否、悪夢に落とされるように。


そんな儚い体験を、チャネラーを通してはっきり伝えようとする試み?
しかし日常の伝達はともかく、このあり方を伝え示すというのには、いささか言葉そのものの限界を感じざるを得ない。言葉がこれほどもどかしいものとは、、、。
この世界に詩や絵や音楽のある意味が、その必要性がつくづく判ります。


チャネリングを通してBASHARの言っていることは、「あなたの経験している人生はすべてあなたが作り出している」に尽きます。
このことをただひたすら形を変えて言っているのみ。
さらに「時間は幻想であり、全ては同時に起きている」確かに!
しかしこれは今のわれわれの言語-ことばの構造では認識が困難な事象である。
時間を現実化してしまったことばでは、BASHARの言うことをそのまま認識できない
というか実感が難しい。


物理的な現実を自分でどのように作っているか。

あなたの意識が。


あなたの現実が困難なものであるのは、あなたが否定的な波動を出しているから

あなたの現実がワクワクして楽しいのは、あなたが本当に好きなことをしているから

わたしは何が好きなのか分かりません。


まずはそこか?

一歩そちらに向くと(どちらであっても)
そう思うこと―その波動を発することで
その現実が引き寄せられる。
どんな現実であってもすべてはあなたの望んだもの。

自分が本当にやりたいことがわかれば
必要な時に必要な情報はやってくる
完璧なタイミングで
宇宙がそれをサポートする
そういうシステムで宇宙はできている。

自分を100%信じられるか


やはりお経(マントラ)を唱える効果はよくわかる
あの速度!波動の調整。
われわれの纏う言語はあまりに重い。
区分、分離ばかりで統合し全体制を感受させるゆらぎがない
ものを押し殺すことば

肝心なものが制御されている。
こころの不自由さ。
そう言ってしまってはそれまで。

ことばの解放!
ことばの浄化!
ことばをまず消滅させたい!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |
プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック