プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

夜の雨

rain.jpg

夜の雨に身体が流されてゆく夢を見た覚えがある。

少し前に長女と一緒に買ってきた小型省スペースパソコンでこれを打っている。
先ほどこのマシンを使う前に、その小さな筐体のゴム足を取ってねじを開け、メモリーを外し、基盤も外し、邪魔なパーツを一通り外して一番底のHD増設ベイまで辿り、手持ちの昔のHDを小さなビスでとめて増設を済ませた。実際ビスが小さく何種類もあるのも面倒だが、半田付けしてあるケーブルを切らないように気を付けて作業することが一番厄介であった。ノートパソコンよりも内部アクセスはずっと面倒であった。
タワー型ならあっという間にできることも、小さいと厄介である。
これも長女がかなり手助けしてくれた。
小さなビスの扱いはわたしより上手い。
(最近、小さなものを扱うときは必ず頼んでいる)。

少し離れたところから次女の笑いが聞こえる。
特にやることがないと、ほとんどノートパソコンにはりついて東方ものや「ゆっくり」の動画を見て楽しんでいる。
クラスにも同じ趣味の子がいて、オタク噺に花を咲かせているらしい。
今度、それらの祭典が東京ビッグサイトで開かれるそうで、友達と行くことになっている。
彼女は東方もののキャラの絵を友達にせがまれ、それを団扇や扇子に描いてプレゼントしている。
コピックでイラストの量産がライフワーク化しそうだ。
良いものが出来てきており、そのうちわたしも一つ貰いたい。
勉強とピアノも何とかして欲しいが。


感情は雨に似ている。
無意識から蒸発し意識に降り注ぎ身体を満たして流れ落ちてまた無意識に染み込む。
水の循環みたいだ。
雨が感情に似ているのか、、、。
感情が雨なのだ。雨が感情なのだ。

めくるめく夜のしじまに降る雨に清められる。
浄化され。
機械の構造とそのディテールまで冷たく清まる。




独り眠る

dream.jpg
今日は、家の誰もが出掛けていて、咳がなかなか治らないわたしは家で独り寝ていた。
横になっているのがもっとも自然に感じられる。
余程、疲れているらしい。
身体と折り合いのついていないことが多いわたし。
時折、眠っていたことに気づく。

そしてまた眠っていた。
夢の文脈を辿る。
夢か現か、、、。

picaso002.jpg

夢は縛られない。
重力に縛られない。
外からの光に暴かれない。

重力から自由で、独自の光をもつもの。
この世界にいるようでいて、実は異なる文脈をまたがりつつ生きる。
いや眠るのか。

どちらでもよい。
究極の自由はそんな場所にある。
いるような顔をして、そこにはいない。

そもそも本当の顔など見たこともない。
わたしは自分の名前が嫌いだ。
親の声が気持ちを苛立たせる。

目覚めと同時に警戒心が疼く。
社会に属してなど、いきれない。
息詰まる。

生きるための衝動と無意識を純化する。
自我の消滅に任せる。
影の世界に光が充ちる。

移動するために精々眠っておきたい。
しっかりトリップしてから新たに目覚めよう。
体ごとのトリップのため。

夢の中で絵を描いていた、、、。
何処の絵であるかは、今は忘れた。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画

長女の多肉写真から

100.jpg


101.jpg


102.jpg


103.jpg


104.jpg


105.jpg


106.jpg


107.jpg

108.jpg


109.jpg


110.jpg


114.jpg


113.jpg


112.jpg


111.jpg




長女が見てみてというので、リサイズして載せることに、、、。
どれもいまいちの多肉だが、そのままの姿に映っている。
うちの中堅どころか(笑。

サボテンがひとつ混じっている。
シルエットの大きい方の黒法師がちょっとお気に入り。
いや、でも光に塗れた黒法師もよく見ると味わい深い。

改めて、わたしも写真を撮ってみようと思った。
旅に行くにはカメラも持って行くことになろうし。
でも絵を描くにはスケッチブックの方が大切だが。

やはり写真は特に、光と影がポイントだなと確認する。
(娘は所謂、カタログのつもりで撮ったみたいだが)。
それから、多肉は寄せ植えが楽しい。
(かなり大きなよく出来たものをはずみで二鉢あげてしまったのをちょっと後悔している)。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



ブラックホールを描く

Black hole001

ここのところ、この話題で持ちきりである。
「イベント・ホライズン・テレスコープ」というプロジェクトの成し遂げた偉業である。
5500万光年の彼方、おとめ座銀河団の中心にある巨大楕円銀河M87の中心にあるブラックホールを直接観測したというのだ。
質量は太陽の65憶倍だというが、、、。
これまでブラックホール自体が余りに小さいので、観測は諦められていたとも謂えた。
TVで科学者が、月面上に置かれたオレンジ一個を見るような精度が必要だとか言っていたものだ。
絶句である。

何か感想めいたことでも書いてみたいが、その内容に関しては専門ニュースに任せるしかない。
絶句するだけだし(笑。書いてもしょうもない。
実に興味深々なこと~その価値が挙げられている。
全く新しい天文学が形成されるという、、、。
それにしても、つくづく感心したのは、銀河の中心に巨大な質量を要請することからブラックホールを予言したアインシュタインの天才である。
これらのことも含め、たくさんのHPが今回の発見について扱っている。


ただ改めて思うことは、やはりあった、とかその存在の確信に至るには視覚情報に頼る(限る)ことだ。
どれだけわれわれが視覚を優位においた文化にいるかが実感できる。
目しかないのだ、、、時空の歪みを目で見る?!、、、目にそこまで任せるのか?
見るとは本来、見間違えることでもあるのだが。(多次元にせよ図解されると曲解されぬか?)
ここで画像というのは、膨大な観測データをもとに特殊なアルゴリズムによってCG生成したものを意味する。
(これまでNASAのHP等で掲載されてきた画像は悉くCGによって目に見える形にされたものだ。レアデータそのものでは見るに見えない)。

今回のブラックホール描画で凄かったのは、まずは観測~データ収集のための地球大の仮想望遠鏡の(ネットワーク)構築であるり、チリ、アリゾナ、ハワイ、メキシコ、スペイン、南極にある8か所の電波望遠鏡を繋いでいる。
この作業に最先端の研究者~専門家たちが10年を費やしてきた(費やされた予算も途方もないモノだろう)。
人の目の300万倍の解像度をそれによって得たというものだ。
だがそれは、単に解像度などという単体のカメラの性能みたいなスタティックなお手軽なものではない。
それぞれの観測装置自体が様々な影響を受けて動いているのだ。
地盤(南極は氷の基盤)の移動、月の重力の影響による移動、勿論地球の自転、またターゲットから来る光を捉える時間も地球上の望遠鏡の各位置により誤差が生じる。その辺を考慮したプログラム上の調整が必須である。だからそれぞれの望遠鏡に装置を設置する際の正確さもミクロン単位で要求される。ちょっとした狂いも許されない。
観測は4回、4日で行われた。2017年4月のことである。
途中、結構トラブルにも見舞われ(メキシコの天候やその他諸々)悪戦苦闘したようだが、、、初めてのことに挑戦するときには必ず想定外の事態はつきものだろう。

そしてアメリカの本拠地に送られてきたデータ量が何と5ペタバイトという卒倒するようなボリュームである。
HD自体からして相当重かったはず。
統合されたデータをもとにアメリカの若い女性科学者(29歳?)が書いた新しいアルゴリズムによりコンピュータで計算を4グループに分かれて行ったそうだ(データ統合の際にも問題は発生していたらしい。時間的補正を要したという)。
切れ切れデータから全体を探る。
部分と全体の関係についても示唆が深い、、、。

その結果できた画像が今誰もが見る事の出来る初めての直接観測によって得られた「ブラックホール」である。
これまで理論上(アインシュタインによる)その存在が要請されていたものが、「実在」となった。

空に浮かぶ月と同レベルの存在となったのだ。
(ブラックホールの輪郭の析出~吸い込まれるガスの光によりその存在がはっきり特定されたのだが)。
凄いと思ったのがブラックホールから噴出しているガス(ジェット)である。その長さは8000光年にも及ぶという。
何でも吸い込む(この表現はよくないのだが)ばかりでなく派手に噴射もしているのだ。
途轍もないスケール~相当にアグレッシブな姿が際立つ。
事象の地平線。
光の縁。

やはりわれわれが認識するには、まず観るしかない。


ノーベル賞はこの計画の発案者が貰うのか?
アルゴリズムを書いた女性科学者にもあげてほしいのだが。
見える形にしないと、やはり(我々の世界では)話にならないのであるから。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



aurora010.jpg

プロが高感度カメラで撮った本場のオーロラはそれは見事であるが、

うちの娘が玩具のようなカメラで撮った近所の雪の日の光景もこれはこれで面白い。
彼女はこの写真をもとに絵も描いていた。

0001.jpg

地球に遍く注がれる光~電磁波をどこでどのように享受~堪能するか。

地表を少しばかり移動する意味もあろう。
だがあくまでも受け取る主体側が肝心であるが。
どれだけ解放されているか、、、恐らくこれであろう。

そのうえで、その場所にしか起こりえない自然現象を確かに見届ける、、、
そして絵を描く必然性を見出すかも知れない(再び)。
そう、生き返るのによい機会。

Gogh010.jpeg

新鮮な音楽も聴こえてくる、、、。
光に充ちた。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画


夜風のなかで

Gogh020.jpg

やはり夜風は心地よい、、、。

夜風に当たりに外に出たのは、今日ほぼ一日中寝ていたからである。
風邪でいまひとつ何かをする気も起きず、寝ているのが自然で気持ち良かったからだ。
夢はかなり込み入ったものを見ていたのだが、もう何も覚えてはいない。
相当動きも激しいインナートリップであったことだけは知っているのだが、具体的な表象は流れ去ってしまった。
この感覚で暫く宙吊り状態となっている。

夢の中の特異性は、重力感覚がないことだ。
別にISSのなかで宙に浮かんでいるようなことではない。
普通に立って歩いているのだが、質量から来る身体感覚がないのだ。
(生の重みから解かれている、と謂えようか)。
思考にも一切それはない。
(本来的に思考は重力から自由である)。

起きたついでに「世界の中心で、愛をさけぶ」がBSで入っていたので観た。
オーストラリアのウルル(エアーズロックなのか?)という世界の中心とアボリジニが定めている場所に恋人同士で行くことにしていたのだが、彼女(長澤まさみ)が白血病で亡くなってしまったので、彼氏が彼女の灰をその地に撒くというもの。
それは綺麗に彼女は風に乗って忽ち青空に消えて逝く、、、。

何か夢もこんな風な光景があったように思えてくる、、、。
それにしても世界の中心である。
実際に何処にもないようでいて、あると言えば何処かにありそうな場所だ。
少なくともそこは、自分のなかには無い。
だが、自分と無関係にある場所とも謂えない。

自分にとってそんな、恋人の骨を撒きたい場所が何処かにある気もする。
探す価値はあるかも知れない。
きっとそこは夢のように生の重みを感じない場所ではないか。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



南仏の光

Gogh010.jpeg

NHKのテレビ体操を暫くやってみた。
あれだけでも結構、体が解れる。
身体への働きかけでこころの在り様も変わって来る、面はあるものだ。
しかし日常ルーチンに引き戻されると、たちまちのうちに身も心もこれまでの流れに収まってしまう。
体癖や固定観念というものはその固有の生活様式の中で固着してゆくのだ。きっと。

動くことが肝心だ。
いつもと違うことをやってみるのもよいか。
そして、違う場所に身を置く。
取り敢えず、外に出てみよう。
何か固まって来たという凝りの症状が気になったら、これまでは布団に入って寝ていたものだが、、、。

人間的な関りより自然との関りを大事にしたい。
よく一人旅に出る人がいるが、知らない場所より知らない人との出逢いを求めていることが少なくないように思う。
それも愉しみのひとつかも知れないが、どうなんだろう。
世界のどこに行ってもメディアの発達は凄まじく、感性、感覚、思考の均質化は著しいものに思える。
スーパーフラットな空間がポップに全てを覆ってゆく。
窒息する。
遠藤彰子氏の多元的宇宙はそれに明らかに対抗する運動であるに違いない。

感覚~無意識をキックする「場所」を求め歩くことはしてもよい~する価値はあると思う。
ちなみに遠藤先生は、相模原に今も残る森を散策するうちに、肥えた豚の親子などに遭遇したことで絵画のテーマを発想したという。もしかしたらその豚は妖精であったかもしれない。その可能性の方が高い気がするが。


わたしはどうやら場所とは光~色との関係が大きいように感じる。
最近特に、肌に感じるのだ。
この微妙な境界膜~インターフェースに。
まあ、わたしたちの世界は重力と電磁波で出来ていることは確かであるし。

ここのところ風邪でグロッキーな状況にいたが、こんな時こそ本質的な何かを求めてしまう。
「もっと光を!」
である。
異なる光に身体を浸透されたい。


ゴッホの南仏の光。
それなら旅に出る確かな理由となる。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



春めいて

syaga001.jpg

その昔、わたしがとある公園から一株持ち帰った射干が今年も群れ成して白い花を咲き誇らせている。
昨年余りに増えたので半分くらいの株を庭中に娘と振り分けて植えてみたのだが、しっかり付いて花を咲かせたのは一か所だけだった。
とても強い植物だから咲かないものもそのまま放っておくつもり。
枯れたようになっているものもいくつもあるが、そのうち息を吹き返すかも知れない。

隣で躑躅が同じような真白い花をたくさん咲かせている。
白の重奏であり見栄えがある。
白くて繊細な花が特に好きだが、、、
桃がとても鮮やかなピンクの花をこれまた活き活きと一本の小さな木にたくさん咲かせている。
これにも見惚れた。
それらとはちょっと離れた場所にはクリスマスローズが御淑やかに咲いていた。
後は、あちこちで多肉とサボテンのアーティフィシャルな花がポカリポカリと好き勝手に開いている。
(これらは昼の間しか見れない。だから務めていたころは休日しか愉しめなかった)。


ついでに亀がやたらと元気に暴れ始めた。
水槽を覗くと顔に水をかけられるほどに元気にはしゃいでいる?
こちらに向けて何をか伝えたいのか、首をそれは長く伸ばして寄って来る。
(首の長さだけでもバランスを失うほどのボリュームだが)
そのまま二本足で立ち上がり前足でバランスをとりながらも後ろに倒れたりしている。
何を思っているのか、ひょうきんものである。

いろいろなものが活性化し始める。
賑やかにコミカルに、、、。
こころも解れてくる。
わたしも外へ出てみようかという気持ちが徐々に湧いてきた。


春だな、と想う。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画


続きを読む

旅への誘い

Gogh003.jpg

わたしはこれまで出不精ということもあり、余りこれと謂った旅は経験していない。
遠くに何らかの目的が生じることも少なかった。
(無くはなかったが、行かずに済ませることも出来た)。
まあ、無理やり誰かに遭うとか催しに参加するとか是非ともその場所を見学したいという欲望が薄かったと謂えようか。
旅自体(その形式)を愉しむという感覚も特に持っていないのだ。
(電車、飛行機、船そのものへのフェティッシュな好みとか車窓の風景や駅弁への拘り等々)。

よく旅は気晴らしにはうってつけ、ということも聞く。
しかしわたしは外に出るのが億劫という他に気晴らしでわざわざめんどうな準備をしてまで何処かに行くという発想もなかった。
それ以前に気晴らし自体に興味がない。
何処に行っても気晴らしにならないことは知っていた。
自分が付いてくるのだし。
(そうか、我を消滅させるほどの電撃的な何かを皆、期待して行くのか?)
確かに、環境の作用は時に大きい。
とは言え、幼い頃の経験ならまだしも、今の年齢で、、、。

娘を連れて行ってみようか、という気持ちは、ある。
それなら有意義であろう。
行くならどこが良いか?
まずは、南仏である。
そりゃあそうだ。
そこで「光」を浴びたい。いや包まれたい。
ゴッホが見た「マジックアワー」をわたしも生きてみたい。

そして心底、絵を描こうと想うだろう。
絵にとどめようとするだろう。
そう、南仏には行かねばなるまい。


その他では、と考えると、、、
フィンランドである。
「オーロラ」が見たい。
それにサンタもいる。
つい最近、サンタの正体が親だったことに愕然とした長女であるが、ここで実際にサンタに遭えばどうであろうか。
いやそれはともかく、サンタではなくオーロラである。
ラップランドにヘルシンキから飛行機でまたかなり飛ぶことになるようだが、そこに行かなければはじまらない。
大気と地磁気があれば太陽風(プラズマ)との関りで他の天体でもその見事な現象が拝めるという。
孫の代できっとそんなツアーもできるように想う。


アルル~サン=レミ(南仏)の光とロヴァニエミ(ラップランド)のオーロラ。
(まさにアヤメか燕子花だ)。
何れも”マジックアワー”に他あるまい。

これからは旅行を考えよう。

aurora001.jpg




破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画




続きを読む

桜の長い一日

Sakura001.jpg

今日は早朝から長女のスケート、帰ってから洗面所の蛇口の件でメーカーのショールームに行く。
蛇口の具合がここ4か月調子が悪く、放置していたら益々悪化してきたので、結局本体の取り換えとなった。
それから、娘二人連れて、長女の絵の展示場に行く(前回遠藤先生の講演会の時には私ひとりであった為)。
担当の方と話をして、展示されていた超高画質コピーを会期が終わったら頂くことになる。
原画は返らないので、これは嬉しい。
嬉しいと言えば先生と個人的にお話しできたことに尽きるが。


丁度、お昼となったのでインド人経営のカレーの店でキーマ、チキン、野菜カレーを食べる。
ナンが凄くデカいサイズだったが、お替りして食べきる。
ふと思い出したが妻と初めて食事をしたのが、こんなメニューだった。
ギュスターブ・モロー展で絵を鑑賞した後のことだった。

帰りに貰ったくじを引いたら長女が食事券を当てた。
長女は籤運が強い。

そのまま帰るのは勿体ないというところで、ピアノの先生に以前、紹介された恩田川の桜の件を思い出す。
考えてみれば、すでに今日ここまでずっと、桜に塗れてきた。
早朝から常に視界に桜が充満していた。
どこもかしこも桜なのに、敢えてまた桜を見に行くと謂うのもどうかと思ったが、行くことになった(笑。


満開ではないが見事な桜並木が何処までも続く。
娘たちはしきりに桜の写真をスマフォで撮るが、わたしは気が進まなかった。
(ピアノの先生のスマフォで観た時はかなりロマンチックで落ち着いた桜であったのだが)。
ひたすら桜のなかを、いや下を歩いた。
風はなく花弁も全く散らない。
次女が至る所に苔の生えていることに気づき、何故か喜んでいる。

 長い道のりである。
ただ歩いた。
凄い人だかりである。思えば今日は日曜日であった。
酒で赤らんだ客も目に付く。

途中の公園ではいい感じのジャズヴォーカルが聴けて気持ち良かった(スタンダートナンバーばかりであったが)。
そうか、桜とジャズはかなり似合うものなのだ。
粋なBGMではないか。
、、、この川はホントに長い。
ついに最後まで歩かずに切り上げることにする。
それでも相当な距離を往復し、足も疲れたものだ。

帰りの電車では彼女らは思いのほかへとへとだったのか口もきかなかった。
駅に着いてコーヒーラウンジでコーヒー、オレンジジュースを飲み、ついでに上の階の美術の催しを覘く。
子供向け美術展という感じでワークショップもやっていた。

また地元の桜を歩きながら眺めて帰ろうとしたら、娘たちが疲れたからバスで帰るとせがむ。
しかし乗ったは良いが、渋滞で一向に前に進まない。
今度は降りたいと泣きついてくるので、まだ乗ったばかりなのに適当なところで降ろしてもらう。
(すでにバスの運行は時刻表からは切り離されていることが分かる)。

家まであちこち寄り道しながら帰った。
祭でもないのに、祭りの屋台が幾つも出ていて、そのなかで何やら間延びした不思議な電子音を奏でるミュージシャンがライブをやっていた。曲が終わると、さあ、サインの時間です~と言って観客にサインを始めた様子。
桜に遮られていて声の主である女性ミュージシャンが誰なのか分からず仕舞いなのだ。
選挙のビラ配りと演説もそこに交じって来た。
ノイズとノイズの絡み合い。いや不協和音。

だがすべての絵が桜塗れであった。
桜の画面のなかで様々な事物が渦巻いて一様に見えた。
ちょっぴりボッチョーニの街頭の絵みたいだったが、、、
交通は酷い渋滞であった。


わたしたちは、早く風呂に入りたいという気持ちで一緒だった。





マジックアワー Ⅱ

Klee001.jpg

何かの拍子に、名前(題名・作曲者)を忘れたことで音楽の生々しい本質力の及ぼす美に痙攣し圧倒された経験がある。
覚えている限りでは、それ一度きりなのだが、、、。
今となると極めて宗教的な体験に思える。

絵~画像についてはどうであろうか。

これは確かに難しい。
ゴッホなど一目で特徴は判ってしまう。忘れようがない。彼ほどでなくても大概、画家の場合は分かる。
(視覚的表象についてはその表現形式から言って厳しい)。
画家自身について何も知らないのに彼(彼女)の作品であることだけは判ってしまう。
その判り易い「ゴッホ」でも、その人物についてはほとんど何も知らないにもかかわらず。
何が分かってしまうのか、、、極めて記号論的な認知のレベル。
安物クイズ番組的な。

ゴッホの謎の死については勿論、1889年に描いた「星月夜」の夜空の中心にある異様なうねりについても心理学的な解釈がせいぜいのところ。
精神的に衰弱~混乱していた所謂、異常~妄想がそうさせたと、、、。
彼は肉眼では見えない渦巻星雲をそこにしっかりと感知していたのかも知れなかった。
(その当時まだ一部でしか知られていない天体現象)。
彼は異常に気象や天体に対する感覚が鋭敏であった。
独特の緑の空と海についても、、、南フランスのほんの一瞬のマジックアワー、、、知る人ぞ知る色を捉えていた。


一番、理想的なのは、何も知らずに初めて「それ」を見る事なのだが、、、。

多くの場合、名前(名称)~言葉(に纏わりつく卑俗なイメージ)が被ることでその本来のアウラが掻き消えている。
もう一度、その世界を未知のトワイライトゾーンに見る事は叶わぬか。
何であっても一たび知ってしまったら元には戻らない。
再度、新たな表象の生成をよぶ方法は、、、。

narahara001.jpg




Marc001.jpg





Giacomelli001.jpg





Boccioni001.jpg





fujiwara001.jpg





検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: