プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ベル&セバスチャン 新たな旅立ち

Belle et Sebastien, laventure continue001

Belle et Sebastien, l'aventure continue
2016年
フランス


クリスチャン・デュゲイ監督
ジュリエット・セイルズ ファビアン・スアレ脚本
セシル・オーブリー『アルプスの村の犬と少年』原作

フェリックス・ボシュエ、、、セバスチャン(孤児)
チェッキー・カリョ、、、セザール(セバスチャンの祖父)
マルゴ・シャトリエ、、、アンジェリーナ(セバスチャンの姪、レジスタンスの闘士)
ティエリー・ヌーヴィック、、、ピエール(セバスチャンの実父、パイロット)
ティラーヌ・ブロンドー、、、ガブリエラ(樵の娘)


ベル&セバスチャン」の続編。
終戦を迎えた様子。
陰鬱な影は引き、村は明るくなったようだ。
ようやく学校行けると思ったら、何とサボっとるではないか。

セバスチャンとセザールとベルがおめかしをして、レジスタンス記念賞を貰って帰還するアンジェリーナを迎える日、、、
しかし、彼女らを乗せた軍用機が後少しのところでエンジンが発火し森に墜落してしまう。
村の消防からは絶望的な情報しか届かない。
その火が元で森林火災が広がっており、容易に近づけない状況であった。
しかしセバスチャンらは、アンジェリーナが存命しており助けを求めていると信じる。

前編よりもスリリングなアクションが多い。
特にセバスチャンは今回はとても危険で激しい橇の坂下りがあり、落ちる寸でのところでベルに助けられたりする。
火に取り巻かれながら、高い木に登るところなど、ハイリスキーなアクションがとても多い。
急流下りもあったし。
勿論、火災からの脱出の際の崖歩きもそうだ。
かなりハラハラさせられる。セバスチャンの無鉄砲ぶりが甚だしいが、それが話を面白くさせているだけではない。
特別なVFXは使用していないと思うのだが、自然災害の半端ではない光景が広がる。
実際に森林火災を起こして撮るはずはないし、、、。
どのように撮ったのか?特に火災に取り巻かれ洞窟に逃げるが、火炎が容赦なく吹き込みまさに火炎放射器で吹き飛ばされるような脱出は凄いものであった(これは特撮だろうが)。冒険劇のサバイバルアクションを超えている。

Belle et Sebastien, laventure continue004

今回は実際に飛行機に乗るため、上空からの俯瞰がたっぷり楽しめる。
とは言え、飛行機内でひと悶着在り、宙をもんどりうって不時着するので景色を楽しむ場面は少ないか。
飛行機のコントロールを失う危ない飛行も(スタントのアクロバット飛行と言われればそれまでだが)実にスリリング。
ベルと大きな熊の対決も大変危険なものであるし、、、熊も演技なら大したものである。
火災から逃れて次から次へと逃げてくる様々な動物たちも圧倒的な光景だがどこか夢心地にもなった。
ここは必死に逃げているはずだが演出が綺麗すぎるところ(ここはCGだろうが、ロケ実写とCGの区別がよく分からない部分が少なくない)。

飛行機の不時着した湖畔がこれまた凄い風景である。
ともかく、アンジェリーナの安否を確かめんとして、駆け付けるセバスチャンであるが、アクセスは上空からでないと不可能であった。
そこでパイロットでドイツ軍の飛行機を持っている父であるピエールにセザールは金を握らせ、頼み込む。
セザールは、ピエールを良く思っていないが、今回はあっさりセバスチャンに実の父であることを教える。
父の方は、セバスチャンのブレスレットを見るまでそのことに気づかない。
自分が邪険にしていた子供が亡き妻の残した子供であることは、かなり後で知る。

Belle et Sebastien, laventure continue002

父は逢ったばかりは、金に汚い実に嫌な男であったが、共に過ごすうちに気心が知れてくる。
息子と気づいてからは、父と息子の話も出来た。
「守れない約束もある。」「誰も悪くはないんだ。」父の言葉は印象に残る。
きっと複雑な事情があったのだ。
ピエールは、しっかりセバスチャンたちを身を挺して守ってくれた。
ダイナマイトを持って火に取り巻かれたセバスチャンとガブリエラを助けに来たときは実に頼もしかったが、良く見つけられたと思う。
本当の姿が露わになってゆく。
(前作同様にご都合主義は感じるが)。

皆で協力して命からがらの火を噴く森からの脱出の後、セバスチャンはピエールをパパと呼ぶ。
確かに生死を彷徨う時間を共に過ごし、生還したあかつきには、純粋に打ち解けてしまうものだろう。
この風景の下である。

Belle et Sebastien, laventure continue005

父のピエールとアンジェリーナが一目惚れの設定だが、ギヨームはどうなるのか。
他人事だが気になる(そういえばギヨームはその後、どうなったのか)。

ピエールとアンジェリーナが結婚でもしたらセバスチャンは急に両親を持つことになる。
おじいちゃんもタフで良い人だし、、、今回はセバスチャンを思ってのタフぶりを全編に渡り遺憾なく発揮した。
かなり良い家庭が出来るではないか。
セバスチャンにとって、幸せであろう。

前作に続き、同年代の可愛らしい少女に出逢うが、今回もそのまま別れてしまう。
もし続編があれば、今度はどうなるだろうか。

キャストは謂うことなし、であった。
セバスチャンの険しい目つきが精悍さを増した彼をよく表していた。
なかなかのものである。
相変わらずベルの演技は秀逸であった(時折わざとらしさも感じるところはあるが)。

Belle et Sebastien, laventure continue003

わたしが子供や動物の出て来る映画に感じるいやらしさはこの映画にはない。








破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画




関連記事

COMMENT

”エンジンプラグ清掃”の如きでした

GOMAさん、こんにちは。
GW中に「ベル&セバスチャン」本編、続編の両方を観ました。
お勧めの通り、やはりとてもよかったです。
人間の素直な感情に触れ感動するともに、自分の素直な感情も改めて発見することもできました。
GWという特殊な時期に、このような体験ができたことは本当によかったです。

でですね。実はワタクシ、大きなドジをやらかしてしまったのですよ。
なんと、続編の方を先に観てしまったのですよ。
AMAZONで検索した時に、続編のみが画面に出てきて、しかもそれが続編っぽい体裁に見えなかったので、てっきりこちらが本編かと思ってしまい、観てしまったのですよ。
なんとも間抜けですねぇ(笑)
ところが結果的には、そのことが問題にはならなかった気がするのです。つまり、2編は独立であるような。
実際どうなんでしょうね?

実際続編を先に観た時点では、背景的なことが若干わかりにくい点はあったものの、それはさして問題にならず、十分に楽しめました。
本編の方がややシリアスな感じですね。セザールのキャラなんかも結構違っていたように感じました。
いずれにしても、人間というもの、年齢を経ることで社会的に成長する一方、根本的な感性とか心情と言ったものは垢にまみれていくので、こうした名作を観て、車のエンジンプラグを清掃するが如くのことをするべきだ、と思いました。

よかったです☆彡

まさに”エンジンプラグ清掃”ですね。
これを日々やっていきたいものです。
気に入って頂けたようで、紹介しがいがありました。

「ベル&セバスチャン」の2編は独立して見ることの出来るものです。
前編を見ていないとサッパリ分からないなどと言うシリーズものではありませんし。
わたしも時々後のものを先に観ることもありますが、問題を感じたことはないです。
ただし、最初観たものが基準となることは確かですね。
それを元にして、観ますから。先入観にはなります。
でもそれで物語が貧しくなるような話ではないです。
とても素敵な映画ですから。

映画鑑賞でも何でもよいのですが、良いものに触れて、ニュートラルな感情を常に持ち続けたいものです。
アマゾンプライム結構使えますね(笑。
最近は、ここばかり利用している状況です。
また、お暇がありましたらご覧になってください。
「ペルドリックス」もお勧めです。
おしゃれで楽しいフランス映画です。

コメントありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp